<スポンサーリンク>

金縛りの原因は霊のしわざ?いいえ科学的に分析できます!

Pocket

金縛り・・

こわいイメージがある言葉です。

 

これは霊を見る人が襲われるとよく聞きます。

 

しかしこの金縛りは霊の仕業ではありません。

 

霊の存在はまだ科学で証明されていません。

しかし金縛りのメカニズムは科学で解ってきました。

 

霊に興味のある人も、霊が怖い人もその正体を知れば納得できますね。

 

そう、ここではその正体を暴いているんです。

 

今夜も金縛りで睡眠を邪魔されるんじゃないかと思っているあなた!

金縛りの正体を知って、確かな安眠を手に入れましょう(^O^)

 

今回のメニューはこちら

  • 金縛りの原因は霊のしわざ?
  • 金縛りの原因はレム睡眠のアンバランス
  • レム睡眠を妨げるもの
  • 金縛りの対処法
  • 良い睡眠をするために

 

それでは詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

金縛りの原因は霊のしわざ?

金縛りにあうのはほとんどが真夜中。

 

真っ暗な中で目が覚めて「う、動けない!」

 

なんて状態になるのであなたはパニックになってしまいます。

そのうち布団が重くなったり、影が見えたりする・・

 

これが金縛りの多くのパターンではないでしょうか?

人は理解しがたい状況に出会うと神様や悪霊の仕業にしてきました。

 

金縛りも同様

 

これは人を苦しめることなのでこれは悪霊の仕業と考えられたのですね。

でも実はこれ、すべてあなたが作っている現象なのです。

 

こんなもの作りたくないよう!

全くその通りです

 

では金縛りの本当の正体を知って、金縛りから解放されるようにしましょう。

 

金縛りの原因はレム睡眠のアンバランス

睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠というものがあることはご存じでしょうか?

人は睡眠中にこのレム睡眠とノンレム睡眠を交互に体験しています。

 

レム睡眠は脳が活発に動いて、体は休んでいる状態です。

この時の脳は今日の出来事の整理整頓を行っていると言われています。

 

夢はこの記憶の整理中に見ます

 

夢は突拍子もないものが多いものですね。

夢の通り体が動くと命の危険があります。

 

そこで安全のために体が動かないようにレム睡眠の時は筋肉が動かないようになります。

 

これは筋肉の休息時間にもなっています。

レム睡眠が20分から30分程度続くと体はノンレム睡眠に変わります。

ノンレム睡眠になると今度は脳が休息の状態に入ります。

 

深い眠りですね

 

そして体は活動モードに切り替わりホルモンの分泌などを行います。

これは肉体のメンテナンスといえるでしょう。

 

このレム睡眠とノンレム睡眠がバランスよくあらわれると快適な睡眠が得られます。

 

そして金縛りはこのバランスが崩れるということなのです。

 

筋肉が動かないようになっているレム睡眠の時に目が覚める

実はこれがすでに夢なのです。

 

レム睡眠中なので当然手足が動きません。

「え?なんで動かないの?」

 

これは恐怖です

 

夢はこの恐怖につじつまを合わせるように作られます。

 

怖いもの・・それはお化け・・

 

「私はお化けのせいで動けなくなったのだ」

 

夢はあなたを納得させるためにこうした事をします。

こうして金縛りになると霊を見た感覚を味わう事になるのです。

 

えー?絶対あれは夢なんかじゃない、私の部屋で布団の中だったもん

腕をつかまれたあざもあるし・・

 

腕をつかんだままの手が体の下敷きになっている場合は多いのですよ( ^^)

今度金縛りにあった時、周りを見渡してみましょう。

夢なのでどこか違っているはずですから。

 

でも同じ夢でも「これって夢なんだ」と自覚して見る時ってありませんか?

そんな時は自由に飛んだり壁を抜けたりしたことができますよね。

 

そうならずに、怖い目に合うのはなぜでしょう。

 

それは睡眠のバランスつまり質が悪くなっているからです。

 

この大元の原因があるはずです。

それを見つけましょう。

 

あなた、最近疲れていませんか?

レム睡眠を妨げるもの

睡眠のバランスを崩しているものは生活の中にあります。

 

不規則な生活リズム

異動があったりイベントがあったりして生活リズムが狂う事がありますね

こんな時は起床時間や寝る時間が変わることも多いでしょう

 

こうした場合は今までの睡眠のタイミングがずれることになります

 

これは疲労も加わることで睡眠のバランスが崩れる原因になります

単に睡眠不足でも疲労を招くので金縛りは起こりやすくなるでしょう。

 

ストレスの蓄積

ストレスは自律神経のバランスを崩す大きな原因になります

脳の働きも自律神経によるものなので、睡眠バランスが崩れます

 

就寝前の興奮

嬉しいことであれ、悲しいことであれ、感情の強い揺れは脳を興奮状態にします

脳が強い興奮状態になると睡眠バランスは崩れるのです

 

寝る直前までテレビやネットをすることは脳を興奮させていますよ

 

部屋が明るい、騒がしい

これも脳を興奮させるので睡眠バランスが崩れることになります

 

寝具の不具合

布団が重い、ふわふわしすぎなど普段と違う寝具を使のも睡眠にはストレスになります

旅行先で幽霊を見る体験はこうした寝具の違いのせいかもしれませんね

 

こんな金縛りの時、どうしていますか?

 

幽霊が怖すぎて気を失ったという人も聞きます。

 

自力で破ったという人もいますね。

でもそれはしんどいです。

 

金縛りの正体は分かったので、ここは上手に対処しましょう。

まずはおちついて・・

Sponsored Links

金縛りの対処法

金縛りを自覚した時はレム睡眠の時です。

体は動かないので無理に動こうとするのはやめましょう。

 

「あ、これは夢なのだ」と自分に言い聞かせる

 

目は動くので周りを冷静に見回すのも効果的

 

他にも動かせるところがある時は静かに動かしてみる

 

こうする事で脳の信号が正しく伝わり、金縛り状態が解けることができる

 

夢だと分かったらもう一度目を閉じて寝る

 

金縛りが解けても、またなるのではないか・・

そんな心配があります。

 

そうならないための対処法で心配を消しましょう。

その対処法はこれ

 

良い睡眠をするために

金縛りの原因は先ほどお伝えした通りです。

それを踏まえて、金縛りにならない方法をご紹介しますね。

 

就寝時間を決める

起床時間が通勤通学で決まっているように就寝時間も決めるといいですよ

睡眠のリズムが整うため金縛りにならなくなります

 

疲労を溜めない

疲れすぎて眠れない・・なんてことはあるもの

そうした体のストレスや、眠れないほどのストレスは解消に努めましょう

 

寝具は合ったものを

硬かったり、柔らかすぎる枕や布団も体にはストレスになります

自分に合った寝具にしましょう

また、締め付けの強い寝間着も良くありません

体に負担のない素材やデザインのものにしましょう

 

部屋の状態

部屋は暗く、静かな状態に保つようにして下さい

気持ちが落ち着く音楽を聴くのは効果的です

また、アロマなどで香りを焚くのもGood

 

寝る直前に脳を興奮させない

寝る間際、布団の中でスマホを使っていませんか?

これは光やその情報で脳を興奮させることになります。

寝る時はスマホもお休みさせましょう。

 

これを守ればもう金縛りにあわなくなりますよ(^_-)-☆

 

金縛りの原因のお話はこれで終わりです。

金縛りももう怖くありませんね。

 

ではここまでの話をまとめておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回はあなたを苦しめる金縛りの原因と対処法までお伝えしてきました

金縛りの原因は霊のしわざではなく医学的に解明されている

医学的な金縛りのしくみ
脳が活動して筋肉が動かないレム睡眠時に覚醒することで金縛りは起きる

レム睡眠時に覚醒する原因
睡眠リズムの変化
疲労、ストレス
寝具の変化
脳の興奮

金縛りの対処法
「これは夢なのだ」と自分に言い聞かせる
周りを冷静に見回す
動かせるところがある時は静かに動かしてみる
夢だと分かったらもう一度目を閉じて寝る

良い睡眠をするために
就寝時間を決める
疲労を溜めない
自分に合った寝具にする
部屋を暗くし、アロマや好みの音楽を聴く
寝る直前までスマホなどの光や情報で脳を刺激しない

でした。

 

私は以前、クリニックで受付の仕事をしていました。

ある日患者さんがとぎれてついウトウトしてしまったことがあります。

「寝ちゃいけない寝ちゃいけない」と思いながら・・です。

この時にピキーン!

金縛りになってしまったんですねー( ゚Д゚)

 

「患者さんが来たらどうしようどうしょうどうしよう!!」

 

もう焦りまくりでした。

必死で解きましたが、ホントもうぐったりでした(笑)

こんなふうにいい加減な睡眠だと金縛りは昼間でも起こるんですよねー

あなたもそんなふうにならないように、夜にしっかり質の良い睡眠を取って下さいね!

よく読まれている記事
怒りのコントロールができない!?あなたを救う2つの方法!
血管迷走神経反射はどうして失神するのか?治し方はあるの?

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*