<スポンサーリンク>

正常眼圧緑内障の治療も眼圧を下げるのはなぜ?その方法は?

Pocket

目が痛くて眼科に行ったら

正常眼圧緑内障(せいじょうがんあつりょくないしょう)って言われた・・

 

眼圧が正常なのにどうして緑内障になんてなっちゃうの?

そんな疑問が出るのは自然ですよね

 

それでもこれは放置すると失明する危険があるのです

そこで正常眼圧緑内障のなぜをここで解説していきたいと思います

 

正常眼圧緑内障の正体を知ることで納得した治療が受けられますからね

積極的に治療が受けることはその効果もあげることになるのです

そこでこのメニューで解説します

  • 正常眼圧緑内障は治療できるのか
  • 正常眼圧緑内障の治療方法は
  • 正常眼圧緑内障は予防できる?
  • 生活習慣病かも知れない
  • 視神経は再生できないのか

では始めましょう

Sponsored Links

正常眼圧緑内障は治療できるのか

眼圧が正常なのにどう治療すればいいの?

正常眼圧緑内障と言われると誰もが思います

そもそも眼圧が正常なのに緑内障になるとはどういうことでしょうか

正常の眼圧というのは

 

8mmHg~21MMHg

 

となっています

しかしこれはあくまでもデータの平均値です

 

これより高いと視神経にダメージを受ける人が多いという事を現しているもの

人は個人差のあるものですよね

視神経の強度にもその個人差があると考えられます

それゆえ、例えば10mmHg台の人でも視神経をやられる人がいてもおかしくないのです

また、20mmHg以上でも何の問題もない人もいるかもしれません

問題のない人は医療機関に来ないので数字に表れないだけかもしれないのです

このことから正常眼圧は人それぞれということになります

 

そしてつまりこの眼圧はあなたにとって高すぎるのだ

 

ということになるのです

 

そういうことなので治療法もわかってきますね

どんなことをすればいいのか

それは他の緑内障と同じように眼圧を下げてやればいいのです

正常眼圧緑内障の治療方法は

正常眼圧緑内障の治療方法としては他の緑内障と同じになります

 

点眼や内服の薬物治療

目の中の房水を調整したり、房水を流れやすくする点眼薬があります

これで多くの人は眼圧をコントロールすることができています

 

レーザー治療

薬では眼圧がコントロールできない場合におこないます

房水の流れを良くするために目にレーザーを当てます

10分程度の治療で痛みもありません

 

手術

レーザーでもなお眼圧をコントロールできない場合は手術をします

房水の流れを塞ぐ場所を確保する

あるいは房水の流れる道を新しく作るチューブシャントという技術もあります

 

こうして現代では緑内障の約90%の人が症状の進行を抑えることができています

つまり治療をおこなえば多くの場合失明は防げるということです

 

しかし正常眼圧緑内障もダメージを受けた視神経は元に戻りません

ですから、一刻も早く治療を始めることが視力温存のカギとなります

でも自覚症状のないのが正常眼圧緑内障の特徴といわれています

どうすればならないようにできるのでしょう?

予防法はあるのでしょうか?

Sponsored Links

正常眼圧緑内障は予防できる?

実のところ、正常眼圧緑内障は原因がわかっていません

目の中の異常もみつからないので、発見さえ難しいのです

 

ただ、40歳以上の人には20人に1人程度の割合で存在する

そういう研究結果は出ています

 

そこで40歳になったら眼科検診をすることが奨励されるようになりました

 

また、こうした眼圧の値は体質、つまり遺伝要素も大きいと考えられています

そこで、ご両親や血縁者に緑内障の人がある場合

30歳になったら年一回の眼科検診をすることをおすすめします

 

それは緑内障の症状である視野の欠損は少しずつ進むからです

しかも、目はふたつあるので片側で視界が消えていてももう片側で視界を補足してしまいます

 

こうしたことで正常眼圧緑内障をはじめとする緑内障は発見が遅れがちになっているのです

一度ダメージを受けて欠けた視界を元に戻すことはできないと言われています

しかし残っている視力と視界は守ることができるのです

 

また、新しい技術の進歩は期待できます

治療を早く開始すれば失明に至るほどの緑内障も減っていくでしょう

この失明を回避するためにも

是非是非、眼科検診を行って下さい

 

あ、でもちょっと待ってください

実は検診以外でも提案したいことがあります

 

正常眼圧緑内障は原因がまだよく分かっていないためいろいろな推測がなされています

そこで実はこんな推測もされているのです

生活習慣病かも知れない

正常眼圧緑内障も生活習慣病かも知れないという話をご存知ですか?

 

原因が定かでない正常眼圧緑内障ですから、いろいろな原因が推測されています

その推測の中に生活習慣病も入っているというのです

 

体の水分の多くは血液からできてます

母親のお乳も血液からできていることはよく知られている事と思います

 

そして目の中の涙や房水も血液が原料となっているのですね

 

生活習慣病というのは早い話、血液がドロドロになる状態のことです

血液がドロドロになると体のあちこちに悪影響が出てきます

動脈硬化とか脳梗塞とか心筋梗塞とか・・

 

詰まる

 

という事が体のあちこちに出てくるのですね

 

そして正常眼圧緑内障を作り出す房水も血液でできているので

 

生活習慣病で血液がドロドロになると房水もドロドロになってくる・・

こうして房水の流れが悪くなり眼圧のアンバランスが起こる・・

 

結果、緑内障を発生させる

 

そういう推測があるのです

なるほどと思えます

 

それならば、生活習慣を見直すことで正常眼圧緑内障は本当に予防できるかもしれないですよね

 

これは今の段階で緑内障と診断されていても十分役に立つことになります

房水をさらさらにすることで手術を避けられるかもしれません

 

だとすれば生活習慣の見直しも積極的におこなうに限ります

生活習慣病を避ける生活はあちこちで言われててご存じかもしれませんね

 

でももう一度ここで簡単にご紹介しておきましょう

カロリーを摂り過ぎない
脂質を減らして体重を増やし過ぎない
禁煙をしてお酒もほどほどに

ストレスを溜め過ぎない
睡眠不足を避けて、楽しみを見つける

適度な運動を続ける
毎日できる事を取り入れる
一駅前から歩く
エレベーターを使わない等

これを毎日意識するだけで違うと思います

そして最後に聞いていただきたいことがあります

視神経は再生できないのか

医療の発達はめざましいものがあります

そうして今まで、「これは再生しない」と思われていたものが実は再生可能だった

そういうこともいくつか分かってきました

脳神経

といったものです

 

こう言う事があるのですから、視神経も復活しないとは言い切れないように思います

再生医療も進んできているので、視神経に対しても研究は行われているでしょう

 

今でも正常眼圧緑内障で視界が戻って来たという人がおられるようです

こうした事例を研究することで、いつかは緑内障での失明者がなくなることを祈ります

 

これで正常眼圧緑内障の話はおわります

ここまでの話はまとめをしておきましょう

Sponsored Links

まとめ

今回は緑内障の中でも正常眼圧緑内障についてお伝えしてきました

正常眼圧緑内障は治療できるのか
失われた視力は戻らないが、現状維持は可能

正常眼圧緑内障の治療方法
点眼または内服
レーザー治療
手術

正常眼圧緑内障は予防できるか
40歳以上になったら年一回の眼科検診が有効
近親者に緑内障のいる人には30歳からの眼科検診が有効

生活習慣病かもしれない
血液のドロドロ化が目に影響している可能性がある
生活習慣病の予防が緑内障の予防につながるかもしれない

視神経は再生できないのか
歯や脳神経の再生も発見されてきている
将来的には視神経の再生も可能になるかも

でした

最後の章は個人的な願いですが、人間は結構再生能力があるのですよね

皮膚などはすごいですね

アトピーで搔きまくって赤肌になったところも搔かなくなると

いつの間にか元のきれいな肌に戻るのです

脳神経の復活もけっこう最近分かったこと

近い将来、視神経も復活できる日が来ることを私は信じています

人の難局打開能力を信じています!

おすすめ関連記事
糖尿病網膜症は治療できる?でも失明したくないなら検診を!
白内障の治療は目薬でできる?手術の流れと費用もご紹介!

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*