<スポンサーリンク>

紫外線の対策!サングラスと日傘と衣服の選び方は大丈夫?

Pocket

日差しがまぶしい季節がやってくると、欲しくなるのがサングラス。

紫外線から目を守るために必要なアイテムですよね。

 

でもどんなサングラスなら一番目を守れるのかな・・

 

そうやって探しているあなた

いらっしゃいませ。

 

ここでは紫外線対策のできるサングラスについてご紹介しています。

サングラスの選び方と紫外線の目への影響も学べるようになってます。

 

目への影響を知ることで紫外線対策にも力が入りますよ。

そこで今回ご紹介したいのはこちら

  • 紫外線の対策で目を守るワケ
  • 紫外線の対策でのサングラスの選び方
  • 日傘は内側をチェック
  • 紫外線を通しにくい衣服の素材もある?
  • 体の中からも対策できる!

 

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

紫外線の対策で目を守るワケ

紫外線というと、夏!と思いがちですよね。

でもこれが紫外線の落とし穴。

 

そんなこと知ってるわよ。

 

これは失礼!

 

美肌を目指している女性なら当たり前の事でしたね。

 

美肌美人は夏でなくても春先から肌を焼かないように気を付けますよね!

紫外線は太陽がある限り降り注ぐものですから。

 

でも、目に関してはどうでしょう?

 

目は顔のパーツだから、今の対策で十分と思っていませんか?

 

実は紫外線は目の中に強く影響するのです。

 

目に紫外線が当たることで目の中はどんどん酸化をします。

肌は紫外線が当たるとしわやしみの原因になることはご存じでしょう。

 

目は紫外線でどうなるかというと

  • ドライアイ
  • 白内障(はくないしょう)
  • 加齢黄斑変性症(かれいおうはんへんせいしょう)
  • 翼状片(よくじょうへん)

 

なんていう視力低下を起こす病気になりやすくなってしまうのです。

 

肌を補修する美白化粧品などがありますが、目の病気は病院での治療が必要となってしまいます。

場合によっては手術や視力が落ちて戻らなくなるなんてこともあるのです。

 

そんな大変なことにならないうちに、肌と同じように目の紫外線対策をしっかりしたい!

 

というワケなんです。

 

 

だからサングラスがあるんじゃない?

 

 

まずはそう考えますよねー。

 

しかし、このサングラスも選び方によっては危険な場合があるんですよ。

 

そこで、本当の紫外線対策になるサングラスの選び方をお伝えしますね。

Sponsored Links

紫外線の対策でのサングラスの選び方

紫外線対策でサングラスを選ぶ時は色が濃い方がいい

 

なんて思っていませんか?

実はこれも落とし穴。

 

濃い色のサングラスをすると

「おや、暗くなったな」

と、脳が感知します。

 

そして物を良く見ようとして

 

目の中の瞳孔を大きくしろ

 

という指令が出ます。

 

猫の目も夜は黒目が大きくなりますよね。

あれは、光を瞳孔で集めて良く見えるようにするためです。

 

まぶしいからサングラスをつけるのに、目は一生懸命見ようとするわけですね。

 

 

しかし紫外線は容赦しません

 

 

色が濃いだけのサングラスを紫外線は平気で通過してしまいます。

 

そして大きくなっている瞳孔を直撃するのです!

 

これは瞳孔にはダメージが大きいことになります。

紫外線対策のつもりがアダになってしまうんです(>_<)

 

じゃあ、サングラスをしたい時はどうすればいいの?

 

ハイ、そんな時は

UVカット機能がついたサングラスを選びましょう

 

それなら色はどんな風でもいいの?

 

そうなんです。UVカットが施されているものなら、心配いりません。

 

 

しかし、あまり濃い色のサングラスは見にくくありませんか?

 

 

濃い色のサングラスは傍から見ると怖い人になりやすいですよ(^^;)

 

あ、そうそう、気付かれましたね。

 

 

サングラスでなくてもUV加工のメガネがあるといいと思いますよねえ。

 

ありますよ。

 

近視や老眼のメガネにもUV加工したレンズが。

 

紫外線は建物の中にも入ってきますからね。

光の射す窓際で本を読む時もこんなメガネが紫外線から目を守ってくれるでしょう。

 

しかし、目の紫外線対策ばかりに気をつけて、目がパンダ焼けにならないようにして下さいね。

 

それには顔の保護のために日傘がおすすめです。

日傘でもきちんと紫外線対策するためには選び方が大切です。

 

こんな日傘がいいですよ。

日傘は内側をチェック

日傘は白よりは黒っぽい色を選んで下さい。

 

黒色は紫外線を吸収して、あなたに紫外線が届かないようにしてくれます。

 

でも、気を付けたいのは実は傘の内側です。

 

紫外線は地面に跳ね返って下からあなたに降り注いでしまいます。

この時、日傘の内側が黒いと紫外線を吸収して、守ってくれるのです。

 

 

お店で日傘を選ぶ時は、開いてみて内側の色を確かめてから購入して下さいね。

でも、日傘もサングラスと同じでUV加工がしてあれば、色は関係ありません。

 

さらに折り畳みで晴雨兼用だと便利ですよ~

 

 

ここまで来ると、今着ている服についても心配になってきた・・

 

ですよね。

 

今までのサングラスが紫外線に無効だったら、今の洋服も紫外線に弱いかも・・

そこまで考えが及ぶとは、あなたはかなりのしっかり者と見た!

 

確かに帽子や服もUV加工のものがあるけど少し値段が張りますよね。

そういう衣類ばかりにすることには少々考えてしまいます。

 

でも安心して下さい。

繊維によっては、UV加工がなくても紫外線を通さないものがあるのです。

それを今からご紹介しましょう。

紫外線を通しにくい衣服の素材がある?

紫外線に負けない衣服の素材

それは

 

ポリエステル

ウール

 

です。

 

ポリエステルはそのままで紫外線が9割もカットされるといいます。

 

こうした素材では色は何でもかまいません。

 

また、汗をかく季節に多くなる綿の服は反対に紫外線をまともに通します。

 

夏に良く似合う白い綿のTシャツは

 

紫外線いらっしゃーい!

 

といっているようなものです。

 

でも白や薄い色のものを選ぶ時はポリエステルが混じったものを選ぶといいでしょう。

ポリエステルが混じると、乾きやすいししわになりにくいといった点もあります。

 

これは主婦には嬉しい~

 

紫外線を通してしまう素材には

 

綿

レーヨン

ナイロン

 

があります。

 

これらの場合はなるべく濃い色厚い生地のものを選ぶといいですよ。

 

これは帽子にも言えますね。

帽子は目を守る盾にもなるものです。

大切なのは

 

UV加工と素材と色

 

これとあなたのお好みを考えながら選ぶと上手な紫外線対策ができるでしょう。

 

 

ここまでばっちりできれば紫外線対策は満点!

 

 

と、ここで油断は禁物ですよ。

 

目に見えない紫外線から目や体を守るにはやはり、外側だけでなく内側からも対策をしたいんです。

目も肌も紫外線から守れる体を作る方法もここで覚えれば怖いものなしですからね。

体の中からも対策できる!

先ほどご紹介した目の病気は紫外線以外にも原因はあります。

 

目の疲れですね。

 

肌も疲れた方がダメージを受けやすくなるのは同じです。

目の疲れを早く取る食品を摂ることで紫外線に負けない体を目指しましょう。

 

ブルーベリー

目には良いとお馴染みのフルーツです。

私の若い頃は店頭にはありませんでした。

でも今は生食のブルーベリーがよく店頭に並んでいますよね。

 

トマト

リコピンは紫外線にとても良い成分と言われています。

トマトは夏野菜ですので季節以外ではお値段も上がります。

ということで通年手に入るトマトジュースでリコピンを摂りましょう。

 

サプリメント

え?紫外線対策にサプリ?

ハイ、最近話題に上がっている紫外線対策サプリというものがあるのですよ!

その名は

 

ホワイトヴェール

 

通販限定品で、お値段も通常ひと月分7560円とお高いのが少々つらい。

 

しかし、これは内側から働きかけるものなので、目だけでなく肌や全身にも効果が期待できます。

気になったらホワイトヴェールで検索してみて下さい(^_-)

 

さあ、これで目だけでなく体を紫外線からを守る自信がついたのではないでしょうか?

ではここまでのおさらいをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回はサングラスでできる紫外線対策をお伝えしてきました。

紫外線が起こす目の病気

  • ドライアイ
  • 白内障
  • 加齢黄斑変性症
  • 翼状片

紫外線の対策でのサングラスの選び方

  • 濃い色のサングラスは紫外線対策にならない
  • UVカット加工のしたものを選ぶ
  • 色は薄い色を選ぶ

日傘の選び方

  • UV加工のものを選ぶ
  • 裏側が黒っぽい色のものを選ぶ

紫外線を通しにくい衣服の素材

  • ポリエステル、ウールは紫外線を9割以上カットする繊維
  • 綿、レーヨン、ナイロン製品を選ぶ時はポリエステル混合のものにする

体の中からできる対策

  • ブルーベリー
  • トマト
  • サプリメント

でした。

 

昨今の地球はオゾン層の破壊でますます紫外線が強くなっていると言われています。

目に見えないだけ、その恐怖は分かりにくいんですよね。

私の知り合いに老眼鏡もサングラスも100均で済ませている人がいます。

老眼鏡はまだしも、くれぐれも色が濃いだけのサングラスは使わないようにして下さいね。

よく読まれている記事

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*