<スポンサーリンク>

タナ障害は膝の障害?治し方は温存療法か手術でバッチリ!

Pocket

何だか急に膝が突っ張るようになって痛い・・

引っかかりができたみたい・・

膝を曲げる時にコキッとかパコッとか音がして気味が悪い・・

 

膝が痛いなんて中年の話じゃないのか?

 

なんてガックリしているあなた。

 

これ実は比較的若い人に多い症状ですので年齢には自信を持ってください。

 

そんなことよりこの痛みや変な音をなくしたいの!

 

で、ですよねー

 

この症状の正体はタナ障害(たなしょうがい)というものです。

そこで今回はこのタナ障害についてどういうものかを解説します。

 

タナってなんだ?って疑問から痛みを取るためにできる事まで紹介しますよ^^

 

目次はこちら

  • タナ障害は膝の障害
  • タナ障害は温存療法で治す
  • タナ障害は手術で治す
  • 膝の痛みを予防する方法

 

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

タナ障害は膝の障害

タナ障害の症状は今のあなたのその不快な症状そのままです。

 

  • 膝の曲げ伸ばしに引っかかりがある
  • 膝の曲げ伸ばしの時に変な音がする
  • 同時に膝の痛みがある

 

でした。

 

これは名前の通りタナに問題が起こる病気です。

 

タナってなに?どこのこと?

 

タナというのはそのまま「棚」の意味です。

 

膝小僧のあたりにそのタナがあるのです。

 

見た目が棚のようなのでこの名前がつきました。

あ、外からは見えませんよ。膝の中のことですから。

 

ホントは「滑膜ひだ(かつまくひだ)」というちゃんとした名前があるんですけどね。

タナの方がわかりやすくて広まっちゃったんでしょうか?

 

かなりおおざっぱですよね。

 

膝に棚だなんて(笑)

 

でもこのタナという部分、ある人とない人がいるのです。

 

元々は誰にでも胎児の時にはあるといいます。

でも、世に出ると必要のない器官だったみたいで

生まれるまでにタナがなくなる人が半分くらいいるそうです。

 

でも、タナがついたまま生まれた人全部にこの障害が出る訳ではありません。

 

何かのきっかけでこのタナが隣り合う腱や神経に触れることで症状が出るのです。

 

このタナは、人によって大きさに差があるので大きいほど障害は出やすくなると思われます。

でもそんなことは症状が出てみなければわかんないですよね。

 

先ほど、何かのきっかけで症状が出るといいましたが、それはこんな感じのものです

 

スポーツ

膝を使わないスポーツはまずないですよね。

ジャンプやダッシュには膝の動きが重要です。

 

試合があれば練習を重ねて膝を酷使します。

また、上手くなるために練習に力が入り膝は酷使されます。

少しくらい痛みが出てもチームに迷惑がかけたくないのでそのまま膝を酷使します。

 

こうした膝の酷使がタナ障害の大きな原因になっています。

また、間違ったストレッチを続けたことで起きることもあります。

 

事故

転んだり、落ちたりという事故がきっかけになることがあります。

それまで何ともなかったタナがこうした事をきっかけに位置が変わるのかもしれません。

 

交通事故の後遺症などにも現れます。

 

そして、これは障害というのですから、是非にも治したいものですよね。

 

これには

 

 

外からのアプローチで治していく温存療法

 

タナを切り取ってしまう手術

 

 

このふたつの治し方があります。

次はその解説をしていきましょう。

Sponsored Links

タナ障害は温存療法で治す

まずは切らずに治す温存療法です。

 

タナ障害ではタナが硬くなったり一時的な炎症を起こしていることが考えられます。

そこでこれを抑えてやることで痛みや深い症状を取ることを目指します。

 

膝の安静

膝の酷使をやめる

 

アイシング

膝を湿布で冷やして炎症を鎮める

 

ストレッチ

正しいストレッチで足に筋肉をつける

 

テーピング

膝を固定することでタナが周りに擦れないようにする

 

鍼(はり)

痛みの軽減ができる

 

理学療法(りがくりょうほう)

電気刺激や温熱療法で痛みの軽減を図る

 

ヒアルロン酸注入

関節の動きをよくするためにおこなう

 

しかしこれら温存療法は初期のタナ障害で効果をもたらすものです。

何もしなくても痛みがあり、生活に支障が出てきた場合は手術に踏み切ります。

 

大丈夫です。

 

タナはもともとなくても問題がない器官ですからね。

でも、どんな風な手術か知っておくと安心です。

次はその手術の解説をしましょう。

タナ障害は手術で治す

この手術では障害を起こしているタナを取り除きます。

手術の流れ

タナの切除は内視鏡での手術です。

 

背中からの注射で半身麻酔をしておこないます。

 

私はこの注射を盲腸の時にしましたが

あんまり太い注射なので、注射器を見ただけで涙ぐみました。

 

病院によっては手術中の膝の中をモニタで見せてくれるようですが

私は遠慮したいですね(^-^;

 

あと重要なお知らせとして

 

  • 手術の時間は30~40分程度
  • 入院期間は2~3泊
  • 手術費用は3割負担で5万円前後

 

となっています。

 

 

そして、術後はリハビリがありますが、回復までには個人差もあります。

ただ、この手術を受ける人は若い人が多いので回復度は早い手術でしょう。

 

さて、こうしてタナ障害を乗り越えた後は、膝を大切にする生活を心掛けたいもの。

 

膝を守ることは体全体をまもることにもなります。

これを覚えてこの先長く使う体を守って下さい。

膝の痛みを予防する方法

膝を支える足を鍛えることで膝は守ることができます。

 

  • おしりの筋肉、大殿筋(だいでんきん)
  • 太ももの前面の筋肉、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)
  • 太ももの内側の筋肉、内転筋(ないてんきん)

 

これらの筋肉を鍛えることで膝を守りましょう。

 

大殿筋ストレッチ

仰向けになり膝を立てる

お尻を上げる

片方の足を床から離して上に伸ばす

2~3秒ずつ、もう片方の足もおこなう

 

大腿四頭筋ストレッチ

おなじみのスクワットが効果的

真っすぐに立ち、膝だけをゆっくり下げる

元に戻し、繰り返す

始めは5回ほどから無理のないように回数を増やしていく

 

内転筋のストレッチ

真っすぐに立ち、両膝の間に硬めの座布団などを挟む

力を入れて挟むこと約3秒

これを数回繰り返す

 

ストレッチはお風呂上りなどに行うのが効果的です。

習慣にしてしまうのがいいですね。

 

以上でタナ障害の解説をおわります。

ここでこれまでのおさらいをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は膝の痛みの原因の一つ、タナ障害についてお伝えしてきました。

タナ障害は人の膝に存在する器官のこと
症状・・膝の痛み、不快感、音がする
原因・・膝の酷使や事故がきっかけでおこる

温存療法
膝の安静・アイシング・ストレッチ・テーピング
鍼・理学療法・ヒアルロン酸注入

手術
内視鏡によるタナの切除

膝の痛みを予防する方法
大殿筋、大腿四頭筋、内転筋を鍛える

でした。

 

私が足のためにしているのはウォーキングとかかと上げです。

家事で台所に立つ時にかかと上げをするのはおすすめです。

大腿四頭筋を使っているな~って思えますから。

足は健康の柱です。

人間は足から老いると言います。

無理せず鍛えていつまでもその若い動作を続けるようにしましょう。

若いと思っていてもすぐに時間は進んでしまいますからね(^_-)

おすすめ関連記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*