<スポンサーリンク>

まつ毛の育毛したい!育毛剤と美容液の違いと効果を解説!

Pocket

 

まつ毛がパッとしないから今までつけまつ毛をしてきたけど・・

 

最近はまつ毛の育毛剤とか美容液っていうのがあるそうじゃない?

 

そうそう、できれば借りものじゃなく自分のまつ毛で勝負したいですよね。

つけまつげはどうしても嘘っぽくなりますから。

 

それにつけまつ毛ばかり付けているのはまつ毛に負担がかかるのをご存じでしたか?

つけまつ毛はああ見えてけっこう重いのです。

 

あと、ビューラーの使い過ぎもまつ毛を痛める原因になります。

ビューラーでぎゅっとまゆ毛を挟む時かなりの圧がまつ毛にかかっているのです。

 

まゆ毛も生き物。

こうした負担が続くとまつ毛はやせ細り、生える力が弱くなってしまいます。

 

そこで考え付くのが自前のまつ毛を健やかに育てたい、ということ。

 

ということで、今回はまつ毛用の育毛剤や美容液の効果、それに医療機関での治療もご紹介します。

 

さあ、魅力あるあなたのまつ毛を育てましょう!

 

そこで今回はこの順で解説していきますね。

 

  • まつ毛の育毛は育毛剤で?
  • まつ毛の育毛は美容液で?
  • まつ毛の育毛はお医者さんで
  • 正しいまつ毛ケアって?

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

まつ毛の育毛は育毛剤で?

髪に育毛剤があるように、まつ毛にも専用の育毛剤があります。

 

これは実は研究して発明されたものではないのです。

偶然発見されたと言ってもいいかもしれません。

 

目薬をさすとまつ毛に目薬が付くことがありますよね。

 

ある時、緑内障の治療で目薬を使っていた人がいました。

その目薬を使い続けていたところ、その人のまつ毛がふさふさしてきたといいます。

 

それを発見した人が

 

「これはまつ毛の育毛剤になるのではないか!」

 

と、思いついたとか・・

 

そしてそれが商品化されたのがまつ毛用の育毛剤なのです。

 

つまり、これは緑内障の薬の副作用を利用したものということ。

しかし、育毛剤はまだ輸入品が多いのが現状です。

 

育毛剤にはさらなる副作用として

 

色素沈着

腫れ

かゆみ

といった症状が現れるので気を付けて下さい。

では通販で購入できるまつ毛の育毛剤をご紹介しましょう。

 

ケアプロスト(3ml 1300円~)

緑内障の目薬の成分ビマトプロストでできた育毛剤

元はアメリカで開発されたものです

輸入品で、輸入代行店での通販のみの販売

一日一回まつ毛に塗布

1~2ヶ月で効果が現れる

 

ルミガン(3ml 2200円~)

成分はケアプロスト同じ

こちらも輸入品で輸入代行しているお店で通販

色素沈着の副作用に注意

 

ルチア薬用育毛ミニエッセンス(5ml 2700円)

育毛商品会社ルチアのまつ毛専用育毛剤

天然成分が主体で副作用は少ない

こちらは医薬部外品でアマゾンや楽天でも購入可能

 

育毛剤は効果があるだけに、副作用が気になるものが大半です。

そこで医薬品とは違うまつ毛美容液にも着目してみましょう。

Sponsored Links

まつ毛の育毛は美容液で?

コスメの範疇になる美容液ですが、最近はまつ毛美容液が進化しているんですよ。

 

美容液にはまつ毛に栄養成分を与えてコシやハリを与えます。

 

しかしこの成分で育毛が可能な商品も出てきました。

 

そんな口コミが多数あるまつ毛美容液をご紹介します。

 

アデノバイタルアイリッシュセラム

6ml 2300円

資生堂から出ているまつ毛美容液の自信作

一週間ほどで育毛効果が出る人も

 

スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュプレミアム

4ml 3460円

無香料、防腐剤、界面活性剤、アルコール不使用

肌の弱い人にもOK

 

プレミアムアイラッシュエッセンス

6ml 4104円

各種ファッション誌で上位に紹介されている育毛効果も高い美容液

 

DHCアイラッシュトニック

6,5ml 1300円

お馴染みDHCから出ているまつ毛美容液

パラベン不使用でも生き生きしたまつ毛へサポート

 

 

育毛剤と比べて副作用はない美容ですが、肌は個人差があります。

クリームなどの化粧品と同じで肌に合わない場合もあります。

 

まつ毛に塗るものですから肌に異常が感じられた時はやめて下さいね。

 

相性の良い美容液に会えば育毛効果は十分に期待できそうです。

 

でも、

 

肌が弱いから自分で選ぶのは心配・・

 

育毛剤での効果が見られない・・

 

そんな場合も大丈夫。

医療機関でも育毛ができるんです。

 

最後の手段として出かけてみてはいかがでしょうか?

まつ毛のことはどこに受診すればいいの?

 

了解です。

それもひっくるめてお伝えしましょう。

まつ毛の育毛はお医者さんで

まつ毛は生まれつき少ない人もいますね。

また、事故や病気などでまつ毛を失ってしまう人もいます。

 

そんな時は医療機関で正しくしっかり育毛してもらうのが一番ですね。

 

どこにかかるの?

 

眼科

皮膚科

美容整形外科

美容皮膚科

 

これらの診療科でまつ毛の治療は可能です。

 

おじいちゃん先生の眼科でもやってくれるのかなあ?

 

なんて心配な時はあらかじめ電話や窓口で相談するといいでしょう。

 

どんな治療するの?

治療は育毛剤の処方が主体となります。

 

市販にはない国内での安全基準を満たした育毛剤は医療機関にのみあります。

 

医療機関なら副作用などの対応もすばやくできるので安心です。

 

育毛剤の処方と共に生活習慣のアドバイスを受けます。

また、事故などでまつ毛の発毛が不可能な場合は植毛という選択もあります。

 

保険は効くの?

残念ながらまつ毛の育毛は自由診療なので、保険は効きません。

育毛剤と診察料で10000円~40000円ほど用意しておくといいでしょう。

 

んー・・お医者は確実そうだけどお財布に厳しそうだなあー

わかります~~

 

ではせめて生活の中で今のまつ毛を守ることをしましょう。

 

正しいまつ毛ケアって?

まつ毛を育毛したいと思う前に今までどんなまつ毛ケアをしていたでしょうか?

 

外出時は必ずつけまつげをする

まつ毛エクステをしている

ビューラーを毎日強い力で使う

マスカラを何度も重ね塗りする

お化粧落としをさぼることがある

 

これらはまつ毛に負担がかかる行為です。

 

まずはこうした行為を改めましょう。

 

週に一度はアイメイクをしない日を作るのもいいですよ。

 

そしてもう一つ、食べ物で育毛を目指しましょう。

 

毛を作るたんぱく質とミネラルは必須です

 

牛、豚、鶏、魚とレバーも十分に摂りましょう。

 

また、甲状腺の働きを良くすることでまつ毛が元気になることがわかっています。

 

甲状腺にはヨウ素が大切です。

 

海藻類、そしてこちらもミネラル豊富なレバーや牡蠣にその効果があります。

 

でも、いいと言われたものだけたくさん食べることはやめて下さい。

 

本当はバランスよく栄養を摂ることが一番いいのです。

 

 

そして、よく言われるのがストレスをためないこと。

悩んでいる人が円形脱毛症になったりするのはよく知られていますね。

 

まつ毛も同じように、ストレスで弱ってしまいます。

ストレスは上手に発散して、貯めこまないようにしましょう。

 

まつ毛の育毛についての解説は以上です。

まつ毛が生える自信がついたのではないでしょうか?

それではここまでのまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は自分のまつ毛を増やしたいあなたにまつ毛育毛の話をしてきました。

まつ毛の育毛剤とは
眼科の薬から開発されたまつ毛育毛剤が主流

  • ケアプロスト
  • ルミガン
  • ルチア

まつ毛の美容液とは
まつ毛に栄養を与えるものだが、育毛効果も期待できる

  • アデノバイタルアイリッシュセラム
  • スカルプDボーテピュアフリーアイラッシュプレミアム
  • プレミアムアイラッシュエッセンス
  • DHCアイラッシュトニック

まつ毛の育毛はお医者さんで

  • 場所・・眼科、皮膚科、美容整形外科、美容皮膚科
  • 治療・・国内の承認を得た育毛剤の処方とアドバイス
  • 費用・・保険は効かない。10000~40000円ほどかかる

正しいまつ毛ケア

  • 1週間に1度はアイメイクを休む
  • つけまつ毛、まつエク、マスカラはほどほどに
  • ビューラーの使用は優しく、少なく
  • 栄養のバランスを良くする
  • ストレスをため込まない

でした。

うちの娘は100均のつけまつ毛を常用しているんですね。

化粧している所見るとビューラーもしっかり使っている様子。

このままではいずれまつ毛の育毛が必要になって来るかもしれません。

時々注意してみるんですけどね。

娘って母親のいう事は聞きたくないようです。

それともまだ反抗期なのかなー20代も半ばだけど・・(^^;)

そういう私は化粧する習慣もなくまつ毛もほったらかしにしています。

これはどちらが先に育毛剤が必要になるか・・みたいな雰囲気だわ(笑)

よく読まれている記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*