<スポンサーリンク>

血圧の測り方のコツ教えます!血圧管理で高血圧症を防げ!

Pocket

定期検診で「血圧が高いですねえ」なんて言われてドキッ

 

なんていうのは嫌なもんです。

 

最近太って来たとか、濃い味が好きだとか言う人ほどご用心です。

年齢とともに血管年齢も上がっている可能性は高いでしょう。

 

こうなると血圧が高くなって、健診に引っかかってしまいます。

 

そんな時は自宅で血圧を測って血圧管理をするのがおすすめ。

 

だけどうちで血圧って正確に測れるのかな?

 

大丈夫ですよ。

 

自宅で血圧を測るのはコツを抑えれば誰でも失敗なく正確に測ることはできます。

 

今回はその方法をご紹介しています。
 

血圧って病院で測るよりも自宅で測る方が正確な値が出るんですよ。
 

さあ、あなたもご自分の血圧を知って高血圧症を予防しましょう!

 

お伝えする項目はこちら

  • 血圧の測り方、正確に測れる血圧計は?
  • 血圧の測り方の基本
    いつ測る?
    正しい姿勢は?
  • 血圧計のいろいろ

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

血圧の測り方、正確に測れる血圧計とは?

血圧計と聞いてどんなものが頭に浮かぶでしょう?

 

医療機関に行くとお医者さんが灰色のビニールのカバーを腕に巻いてくれるアレ?

 

小さなパフパフで空気をビニールに送り込んで腕が締められる・・

 

そうそう、この血圧計は

 

水銀柱式血圧計

といいます。

 

近くの医院は新しくて最新式の器機を備えています。

 

しかし血圧計だけは、この昔ながらの血圧計を使っているところがまだ多いんですよ。

 

今はデジタル式に数値が簡単に出るものもあるのにです。

 

でもこれは血圧計の中で水銀柱式血圧計が一番正確に測れるからなんですね。

 

でもこれは測り方が難しそう・・

自宅では使えないんじゃないの?

 

ここはそんな心配を解消するためのページなんですよ(^_^)

 

お医者さんやナースだって最初から使いこなせたわけではないはずです。

そこは長く使われているからこそのコツがあります。

 

それをご紹介しますね。

Sponsored Links

血圧の測り方の基本

血圧の測り方の基本といえば

 

いつ、どんな姿勢で

 

が、肝心になります。

 

ここからお伝えしますね。

 

いつ測る?

毎日決まった時間に測りましょう

 

血圧は健康な人でも一日の中でかなりの変動をするからです。

 

測りやすいのは

  • 朝起きた時
  • 夜寝る前

 

ですね。

 

そしてこの2回とも測るのがより正確な血圧値を出すことができます。

 

ただ、この時の注意点があります。

 

  • 朝はトイレを済ませてから測る。
  • 入浴後は避ける。
  • 食後や運動直後は避ける。
  • アルコールやタバコ、薬を飲んだ後は避ける。

 

これ以外の時間を設定しましょう。

 

正しい姿勢は?

血圧測定には姿勢も重要です。

 

寝て測るのと立って測るのでは数値が変わってしまいます。

 

自宅では椅子に座って測るのが良いでしょう。

 

腕に巻くカバーは上腕(肘より上)に巻きます。

 

この時の注意点は

 

腕と心臓が平行になるように測る

 

です。

 

低めのテーブルの場合は、雑誌などを積んで調節するといいですね。

 

ここでちょっと水銀柱式血圧計のしくみをかじっておきましょう。

 

水銀柱式血圧計での計測では耳で心拍を拾うことで数値を知ります。

 

水銀柱式血圧計には腕に巻くカバーに手動で空気を送り込みます。

 

腕が締め付けられる度合いで水銀柱が上がっていきます。

 

この締め付けた空気を少しずつ抜きます。

 

空気を抜き始めて、最初に心拍が聞こえた時の数値が

最高血圧

 

さらに空気を抜いていって、心拍が聞こえなくなった時の数値が

最低血圧

 

になるのです。

 

この時の心拍の音をコロトコフ音といいます。

 

使い初めはどれがコロトコフ音なのか分らないことが多いようです。

 

しかし、これは練習で上手になります。

 

 

自分だけでなく、家族やともだちの血圧も測ってみると判りやすくなりますよ。

 

最初のうちは計測自体にドキドキして、高い数値が出てしまうかもしれません。

 

なので、慣れないうちはあまり数値を気にしない方がいいと思いますよ。

 

でも病院の待合室にはデジタル式血圧計があるじゃない?

あれは待ち時間に測れて便利ですよね。

 

自宅でも忙しい人にはいいですよね。

ではここからは簡単スピーディーに測れる計測器もご紹介しましょう。

血圧計のいろいろ

血圧計にもタイプがいろいろあります。

ご自分の使いやすいものを見つけて下さい。

 

卓上水銀血圧計+聴診器

昔から医療機関で使われているオーソドックスな水銀柱血圧計です。

こだわって測りたいという人には水銀柱血圧計に挑戦して下さい。

 

アネロイド血圧計+聴診器

水銀柱を使わず、上腕で正確なコロトコフ音での計測ができます。

水銀柱の代わりに丸いメーターで数値が出ます。

 

上腕式電子血圧計

測るのは上腕でおこないますが、デジタル表示で数値が出ます。

 

スポットアーム型上腕式電子血圧計

病院の待合室によくありますね。

トンネルのような穴に腕を差し込んで計測する血圧計です。

 

手首式電子血圧計

上腕ではなく手首で計測するデジタル表示の血圧計です。

ただ、数値は上腕で測る方が正確と言われています。

 

現代ではこうした医療機器もネットで簡単に購入できます。

 

しかし大型電気店でも商品が手に取れるので実際に試して購入を決めるがいいかもしれません。

 

血圧の測り方の解説はこれでおわります。

ではここまでの話をまとめておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は血圧の測り方を中心に血圧計の種類などもお伝えしてきました。

血圧の測り方、正確に測れる血圧計
水銀柱式血圧計が一番正確に測れるとされている

血圧の測り方の基本
いつ測る?

  • 決まった時間に測る
  • 朝起きた時と夜寝る前の2回測るのが良い
  • 朝は排尿後に測る
  • 食事、入浴、運動直後は測るのを避ける
  • 飲酒、喫煙時は測らない

正しい姿勢

  • 椅子に座った状態で測る
  • 心臓と上腕が平行になるような位置で測る

血圧計のいろいろ

  • 卓上水銀柱式血圧計
  • アネロイド血圧計
  • 上腕式電子血圧計
  • スポットアーム型上腕式電子血圧計
  • 手首式電子血圧計

でした。

 

お医者さんが自宅で血圧を測るのを勧める理由をご存じですか?

多くの人は病院に行くだけで血圧が上がって、正確な数値がわからないから?

 

それもあると思いますが本当はこうじゃないでしょうか。

毎日測って自分で血圧の高さを目で確認できるから。

自分の数値がどれだけかという事がわかれば、高血圧を予防する気持ちを上げられます。

 

あれ?でもこれって体重計でも同じ事、いえますよね~~

肝心なのは気持ちですもんね。

体重も朝晩測って数値を目に焼き付けましょう!💦

よく読まれている記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*