<スポンサーリンク>

尿の濁りは病気?ストレス?その不安にお答えしましょう

Pocket

私のおしっこ、白くて濁ってる?・・(゜o゜)

これってたまたま?それとも何かの病気の前兆?

そう思うのも無理ありません。

でも大丈夫、このページではそんなあなたの不安と疑問にお答えします。

実は尿が濁ることって誰にでも普通に起こる現象でもあります。

そこで今回は

  • 尿の濁りは病気の前兆?
  • 尿が濁る原因は?
  • 尿の濁りはストレスから?
  • 生活習慣で改善しよう
  • 尿の濁りが心配な時受ける医療機関と検査は?

これらの項目についてお伝えしますね。

あなたの不安はこれできっと解消されますよ。

Sponsored Links

尿が白く濁るのは病気の前兆?

実は正常な尿は透明で臭いもありません。

尿が通る道には腎臓、膀胱、尿道などがあります。

このどこかに細菌がついて増殖すると炎症がはじまります。

皮膚が炎症を起こすと赤く腫れあがりますよね。

あれと同じ事が尿の道に起こるという事です。

 

放っておくとどんどん菌が増えて~増えて~

 

ついには膿が出たり出血したりして尿に混ざることになります。

 

こうして、透明な尿が濁ってしまうのです。

 

また、こんな時は膿や細菌のせいで臭いも強くなるので異常が分かりやすいと思います。

では、そうした尿の濁りのある病気とはどんなものがあるのか見ていきましょう。

 

膀胱炎(ぼうこうえん)

膀胱が細菌感染することで起こります。

増殖した白血球や炎症のための出血で尿が濁ります。

排尿時の痛みや不快感が同時にある場合に疑われる病気です。

尿道の短い女性に多い疾患でもあります。

 

尿道炎(にょうどうえん)

こちらは逆に尿道の長い男性に多い病気です。

多くは、性的感染による淋菌やクラジミア菌が原因になっています。

これら細菌での炎症で作られた膿が排出されるので尿が濁ります。

男性に多いとは言え、性的感染するのでパートナーに感染することは十分考えられます。

女性が感染すると膀胱炎も同時に発症する場合が多いので注意して下さい。

 

前立腺炎(ぜんりつせんえん)

男性のみの病気です。

他の感染同様に膿や細菌が排出されることで尿が白く濁ります。

ひどくなると高熱が出ます。

排尿痛、残尿感、頻尿が続く場合は注意しましょう。

 

腎盂腎炎(じんうじんえん)

尿路からの細菌が腎臓に感染することで発症する病気です。

ここでも細菌や白血球の排出で尿が白く濁ります。

同時に下腹部や背中の痛み、吐き気、高熱が現れる疾患です。

 

腎結核(じんけっかく)

結核菌が腎臓を侵すことで発症します。

炎症で発生する膿が排出されるので尿が濁ります。

強い下腹部痛、40度以上の高熱が現れたら、腎結核を疑いましょう。

 

腎臓、膀胱、前立腺のがん

これらも血尿が出ることから尿が白く濁ります。

これらは進行が進むと排尿困難や尿閉にもなります。

腰や下腹部痛が気になる場合は医師の診断を受けましょう。

 

それでも、体に痛みもない、排尿には問題のない尿の濁りは何が原因なのでしょうか?

実はそれを知ることで悪い病気の予防にもなるのです。

次にお伝えする話であなたの尿の濁りが心配のいるものかいらないものか分かりますよ。

 

尿の濁りの原因は?

尿は基本的に無色無臭とお話ししましたね。

食べたものの余分な栄養素や細菌などで尿の様子が変わってくるのです。

 

では、どんな時に尿が濁ってしまうのでしょう?

 

まず、心配の要らないものとして、食べたものが要因という場合があげられます。

・お肉など動物性たんぱく質
・ほうれん草、バナナ、チョコレートといったシュウ酸の多い食品

 

シュウ酸は適量を超えると尿中でカルシウムと結合して結晶を作ります。

この結晶が尿と共に排出されて、尿が白く濁って見えるのです。

 

これは一時的なものなので心配のない濁りです。

 

ただし、シュウ酸の摂り過ぎを続けているとこの結晶は大きくなります。

 

それは尿路結石のもとになります。

 

なんでも「過ぎる」ことは良くない、ということですね。

もうひとつ、心配の要らないものとして、女性のおりものがあげられます。

 

おりものが尿に混じって白く見えることも少なくないのです。

 

痛みやかゆみがないと言った場合は心配いりません。

また、生理中では少量の血液が尿に混じる事で濁って見えることもあります。

これも心配の要らないものなので安心して下さい。

 

私は食事には気を使っている方なんだけど・・

 

そんなあなたに尿の濁りがでたのならこんな原因かもしれません。

Sponsored Links

尿の濁りはストレスから?

実はストレスから尿が白く濁る事があるのです。

 

ストレスが原因になるのは精神的な悩みから睡眠不足や過食が引き起こされるからです。

 

こうした体の酷使は免疫力を低下させ、細菌に感染しやすい状態を作ります。

また、体の機能も低下するので、シュウ酸やたんぱく質の分解が十分できなくなります。

 

その結果、蛋白尿や血尿が発生して、尿が濁る事になるのです。

 

ストレスに心当たりがあって、このような症状がある場合は過労が原因です。

体を休める努力をして下さい。
400229

生活習慣で改善しよう

これまで見てきて、尿が濁るのは病気にしても予防ができる場合が多そうですよね。

 

不快な症状の病気になる前に日々の生活ではどんな事に気を付けたらいいでしょうか?

 

心配のない尿の濁りも「シュウ酸の摂り過ぎ」でしたね。

それでは食生活から見直していきましょう。

食品の取り方で改善

シュウ酸はカルシウムとバランスよく存在することで便に排出されます。

シュウ酸を多く含む食品を摂る場合はカルシウムも摂るようにしましょう。

シュウ酸の多い食品とカルシウムの多い食品を記しておきますね。

・シュウ酸の多い食品
ほうれん草・小松菜・キャベツ・バナナ
コーヒー・チョコレート・ナッツ類

・カルシウムの多い食品
チーズなどの乳製品・小魚・ごま

なお、ほうれん草や小松菜はもともとカルシウムを多く含んでいます。

野菜類は茹でる事でシュウ酸を減らすことができるので、調理に取り入れて下さい。

これは豆知識です。

 

野菜を茹でたい時にはレンジで蒸すより、お湯でゆでる方がシュウ酸が減らせますよ。

 

また動物性たんぱく質の摂り過ぎも良くありませんでしたね。

 

では乳製品はいけないんじゃないの?

そんなふうに考えていると何を食べていいかわからなくなりそうですね。

 

つまりは何事もバランス良く食べましょうという事です。

 

これをいつも頭の隅に置いておいて下さい。

免疫力をあげて改善

ストレスのお話でしたように、免疫が落ちる事で体は感染しやすくなります。

 

免疫力をあげる基本は正しい生活習慣です。

 

忙しい現代人には一番難しいことかもしれませんね。

過不足のないバランスの良い食事と十分な睡眠。

これを習慣にしたらほとんどの病気の予防になるでしょう。

 

そして現代人にありがちなストレスをためない事。

 

受けてしまったストレスは溜めないうちに上手に発散して下さい。

 

僭越ながらここで私のストレス解消法を公開しましょう。

 

  1. 映画やテレビで思いっきり泣いたり笑ったりする
  2. 一人カラオケで大声で歌う
  3. とにかく歩く。汗ばむくらい歩く頃には身も心もスッキリです

 

そしてあとは、感染予防の知識も身につけてくださいね。

 

性病感染は避妊具の使用で防げます。

 

風邪などの流行時には手洗いうがいの他、タオルの共用も避けましょう。

 

最後に、医療機関にかかる時に受ける検査についてお伝えしておきますね。

何をするかわからないと怖いですもんね。

443885

尿の濁りが心配な時受ける医療機関と検査は?

まず受ける医療機関は泌尿器科がベストですが、内科でも大丈夫ですよ。

 

基本の検査は採尿です。

 

紙コップにおしっこを採って提出するアレです。

この検査では試験紙で次の値の異常が判ります。

・尿たんぱく
・尿潜血
・尿糖

ここまでの検査で泌尿器の多くの病気が分かります。

試験紙で情報が不十分な時は尿を遠心分離器にかけて沈殿物を見る事もあります。

 

でも、あなたがするのは採尿だけでいいんです。

 

簡単な検査なので、心配な時は躊躇しないで受診して下さい。

私は初めて膀胱炎になった時、「もしかして内診するかも・・」なんて心配しちゃいましたけどね(^^;)

 

以上、尿が濁るお話をしてきました。

これまでのお話を分かりやすくまとめておきますね。

Sponsored Links

まとめ

尿の濁りの原因と改善法のおさらいです。

尿の濁りで心配なもの
排尿に痛みや不快症状がある(膀胱炎、尿道炎など)
腰や下腹部に痛みがあったり、高熱が出る。(腎盂腎炎、腎結核など)

尿の濁りで心配のないもの
シュウ酸の多い食品を摂ることで結晶が尿に出るために白く濁る。

尿の濁りの改善法
シュウ酸の多い食品や動物性たんぱく質を摂り過ぎない。
ストレスを溜めない。
バランスの良い食事と十分な睡眠を取る。
免疫力をあげて感染予防に努める。

尿検査(試験紙)で分かる値の異常
尿たんぱく 尿潜血 尿糖
これであなたの疑問が少しでも晴れたらとても嬉しいです。

便もそうですが、排泄物の尿にはあなたの体の情報がたくさんつまっています。
異常を一番先に教えてくれるものだといえますね。

こう考えていくと排泄物も大事だな、と愛おしくなってきませんか?
汚いだけではないと思うとトイレ掃除にも気合が入るというものです。

え?そんなふうに思うのは掃除嫌いな私だけですか?

おすすめ記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*