<スポンサーリンク>

深呼吸の効果はどこにある?体も心も正しい呼吸法で健康に!

Pocket

私は時々「深呼吸をしろ」なんて言われることがあります。

 

慌てていたり、緊張している時なんかに多いですね。

これは私がおっちょこちょいだからなのですが・・

 

だけど、普通に呼吸しているのにどうしてわざわざ深く呼吸する必要があるのでしょう。

 

深呼吸と言う言葉があるからには、普通の呼吸となにか違いがあるはずです。

 

そこで深呼吸の謎を調べたら、色々ステキな効果があることがわかりました。

このステキな効果をあなたにも教えたくて記事にしてみました。

無意識にしている呼吸の秘密も分かりますのでお役にたつこと間違いありませんよ。

 

そんな深呼吸の目次はこちら

  • 深呼吸の効果はどこに?
  • 深呼吸の効果は体に
  • 深呼吸の効果は心に
  • 正しい深呼吸の方法とは?
  • 注意点をひとつだけ

 

では詳しくお伝えしています。

Sponsored Links

深呼吸の効果はどこに?

普段、人は呼吸を意識していませんよね。

 

呼吸は酸素がなければ人は生きていけないので、無意識にできるようになっています。

呼吸は横隔膜というおなかのなかにある膜を上下させることでしています。

 

え?呼吸は肺でしているのでしょ?

 

そうです、でもこの肺は自分では動けないのですね。

 

横隔膜が上下することで肺が引っ張られて、肺が広がったり縮んだりしているのです。

でもこの横隔膜、普段はいっぱいには動いていません。

 

通常運転はMAXの30%しか働いていないと言います。

 

それでも私たちは苦しくないし、生活に支障がないのでエコ運転と言えるのかもしれません。

 

しかし、そのせいで人は本当に出せる実力が出せていない場合が多いことも分かって来たのです。

 

そこで横隔膜を十分働かせよう・・ということになるのですが

この横隔膜を十分働かせることがすなわち

 

深呼吸

 

という状態になるのですね。

 

では具体的にどんないいことがあるのかお知らせしていきましょう。

Sponsored Links

深呼吸の効果は体に

呼吸をすると、酸素が血液に入り、いらない二酸化炭素が外に出されます。

酸素は体に入ると栄養をエネルギーにして細胞を維持しています。

 

つまりこれで私たちは生きることができています。

 

でも、この働きが30%ではエネルギーが十分活かされていません。

100gのお肉を食べても30gの力しか出ないのは残念です。

 

そこで大きく息を吸って深呼吸をすると

 

普段より横隔膜は下がって、肺に酸素がたくさん入るようになります。

 

たくさん酸素が入れば、たくさんエネルギーを生み出せることができるのです!

こうしてエネルギーがどんどん生み出されると

 

新陳代謝がよくなり血流が良くなります。

 

これは冷えや便秘の解消。

さらには生活習慣病の予防にもなります!

 

老廃物の代謝も良くなるので、美肌になります

 

さらにエネルギーの効率がよくなるので、無駄なエネルギーの貯めこみがなくなります。

 

つまり

 

痩せます。

 

深呼吸はなんとダイエットにもつながるんですね~

 

しかし、それだけではありません。

 

深呼吸でゲットする酸素はあなたの心にもいいことを連れてきます。

深呼吸の効果は心に

はじめにもお伝えしましたね。

緊張している時に深呼吸しろと言われると。

 

これは深呼吸で脳に酸素を入れろということなんですね。

 

緊張して失敗するのは脳の酸素不足が原因なことはご存知でしょうか?

 

緊張すると呼吸が浅くなって体も脳も酸素不足になります

 

脳は酸素不足になると血流が悪くなって、考えることができなくなってしまうのです。

 

こんな時に深呼吸で脳に酸素を送り込むことで失敗を防ぐことができるのですね。

 

さらに、ストレスが溜まっている時や怒りを感じている時も呼吸は浅くなっています。

 

呼吸が浅くなると新陳代謝が落ちで老廃物が溜まります。

ストレスや怒りは老廃物が溜まっておこるといっても過言ではありません。

 

そしてここで深呼吸をして酸素を供給すると・・

 

老廃物の排出を促すことでイライラを解消に向かわせることができるのです。

 

機嫌の良いリラックスしている時の呼吸は深くてゆっくりなもの。

 

でも、これは深い呼吸だからリラックスとしている・・と考えた方が正解かもしれません。

 

イライラを解消してリラックスを呼び寄せる深呼吸なら、ぜひ取り入れたいものです。

しかし、深呼吸ならなんでもいい・・と言う訳でもありません。

 

効率の良い深呼吸をご紹介しますので実践して下さい。

正しい深呼吸の方法とは?

深呼吸は基本、腹式呼吸でおこなわれます。

腹式というのは、横隔膜を意識した呼吸のことです。

このところは動画チェックしてみましょう。

腹式でできているか分からないーと言う時は仰向けに寝て深呼吸をしてみて下さい。

 

仰向けでの呼吸は自然に腹式呼吸になりますから。

おなかが上下するのが分かります。

 

しかし、この時吸うことより、吐くことを意識的にして下さい。

ヨガやフィットネスなどしている方はご存知かもしれませんね。

 

息は吐く分だけ新しい空気を吸えるようにできています。

 

たくさん吸いたい時はたくさん息を吐くことを意識しましょう

 

たくさん息を吐こうとすると自然におなかがへこみませんか?

これを意識してすることでおなかの筋肉の運動にもなります。

 

またまたダイエットにつながりますよ~( *´艸`)

 

こんないいことづくめの深呼吸ですが、ひとつだけ注意して欲しいことがあります。

注意点をひとつだけ

過去にパニック障害や過呼吸を起こしたことのある方

 

こうした人が緊張の前にと深呼吸をする時は危険な場合があります。

 

呼吸は二酸化炭素を吐き出す行為ですが

二酸化炭素は人体に必要なものでもあります。

 

過呼吸はこの二酸化炭素が出過ぎることで起こる症状です。

 

そこで、過呼吸の経験のある人は深呼吸が過呼吸の元になってしまうことがあるのです。

 

一度呼吸の苦しさを感じると、ますます呼吸が乱れてパニックにおちいることにもなります。

こうした人は深呼吸も慎重に行って下さい。

 

緊張の前ではなく、はじめからリラックスした状態でおこなうのがいいですね。

 

さていかがだったでしょうか?

深呼吸の効果の話は以上です。

 

ではここでこれまでのまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は深呼吸の嬉しい効果の数々をご紹介してきました。

深呼吸の効果は体に
新陳代謝がよくなる
血流がよくなる
冷え、便秘が解消する
美肌になる

深呼吸の効果は心に
緊張が解ける
ストレス解消
怒りの鎮静

深呼吸の方法
動画参照
息を吐くことに意識する

注意点
過呼吸やパニック障害のある人は注意しておこなう

でした。

 

私は喘息持ちなので、健康な人よりは呼吸を意識していると思います。

発作の時は息が吐けなくなって呼吸困難になります。

なので息を吐くことがいかに大切かは本当によくわかります。

呼吸の時に「吸ってー吐いて―」とはよく聞く言い方ですが

本当は「吐いて―吸って―」の方がいいんですよね。

あなたもたくさん息を吐いて、深呼吸で健康を目指してください(^O^)

おすすめ関連記事

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*