<スポンサーリンク>

のどのしこりは痛くないなら大丈夫?痛い時は何科に行く?

Pocket

しこりと聞くと、がんを連想してしまいます。

現代では治せるがんも増えていますが、やはりまだまだ死亡率の高い病気です。

 

体の外から見つかるがんの場合はしこりが多いですからね。

自分でしこりを発見したらドキッとするのは当然です。

 

そんなしこりがのどにできたら・・(-_-;)

 

でも、いたずらに不安になっていては余計に健康を害します。

今回はそんなあなたの不安をなくせるように、のどのしこりの解説をしていきます。

 

是非参考にして下さい。

 

目次はこちら

  • のどにしこりが!
  • のどのしこりが痛くない時
  • のどのしこりが痛い時
  • 病院に行くなら何科に行く?

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

のどにしこりが!

のどは皮膚が薄い場所です。

こんなところでは少しの異常でもすぐに表に現れてしまいます。

 

のどには

 

  • 食べ物を通す食道
  • 空気を通す気管
  • 脳から体に伸びる動脈や神経
  • 大切なホルモンを出す甲状腺

 

といった大切な器官が詰まっています。

 

これらいくつもの器官になにか問題が起きた時にそれが

しこり

となって現れることがあるのです。

 

これはしかし、体の自然な働きでおこることもあります。

それはどんな働きなのでしょうか?

ここではそのしこりを

痛みのない場合と痛みのある場合で解説していきます。

のどのしこりが痛くない時

女性では男性のようにのどぼとけが目立たないのでしこりが気になることが多いかもしれません。

では、痛くないしこりにはどのようなものがあるのでしょう。

 

脂肪腫(しぼうしゅ)

脂肪の塊で、のどの他、背中などにもできるものです。

原因は不明ですが、両性のものなので、気にならないなら放置しても心配ありません。

大きくて気になるようなら手術で切り取ります。

 

濾胞腺腫(ろほうせんしゅ)

甲状腺にできる良性のしこりです。

痛みがないため、長い間存在に気付かない場合も多くあります。

濾胞腺腫が認められた時は、腫瘍が大きくならないかを定期検診でチェックします。

原因は分かっていませんが、甲状腺の腫瘍は女性に多く現れます。

 

しかしこれらのしこりにも注意はして下さい。

痛み、発熱、だるさ、貧血などの症状が出た時は医療機関にすぐ受診しましょう。

ではそうした痛みのでるようなのどのしこりにはどんなものがあるのでしょうか?

Sponsored Links

のどのしこりが痛い時

痛みがあるのはそれだけで体のSOSです。

痛みのない場合より発見が早いのが特徴と言えるでしょう。

それがのどのしこりの場合どんな病気が考えられるかお伝えします。

 

リンパ節炎(りんぱせつえん)

のどのしこりが痛い時はリンパ腺が腫れていることが多いものです。

風邪を引いたり、ばい菌がのどのどこかで繁殖した場合におきます。

ばい菌をやっつけるためにのどのリンパ腺で戦いが起きているのです。

こんな場合のしこりは外から押すところころ動くのでわかりやすいでしょう。

また、ばい菌が退治される、風邪が治ることでしこりは消えます。

 

悪性腫瘍(あくせいしゅよう)

これは甲状腺やリンパ腺にできるがんです。

初期では痛みは少ないのですが、腫瘍が大きくなるにつれ痛みが出てきます。

大きくなってくるしこりは注意が必要ということですね。

また、先にもお伝えしたような、発熱、だるさ、貧血などの体の不調もがんの目安になります。

 

しかしこれらの腫瘍も早期発見がカギです。

 

しこり以外に気になることがあるなら早急に医療機関にかかって下さい。

とはいっても、のどのしこりや不調は何科で見てもらえるのか?

それもご紹介しておきます。

病院に行くなら何科に行く?

実は私も以前、のどにしこりができたことがありました。

喘息の発作で内科を受診をした時にドクターが見つけてくれたのです。

いつからあったのかもわかりませんが、ドクターは

「一度耳鼻科で診てもらって下さい」

とおっしゃいました。

 

ということで、のどのしこりで診察をうけるには

耳鼻咽喉科

が適しているようです。

 

さらにそので問題があるようならそれぞれ必要な診療科を教えてもらえるでしょう。

しこりだけではそれが何者か素人には判断しかねますからね。

 

内科が一番近くにあれば内科でまず判断してもらいましょう。

そうして少しでも早く安心して下さいね。

 

最後にこれだけもう一度

 

がんの場合は早期発見がカギです。

 

しこりが大きくなる、体に不調がある

 

といった場合は早急に受診して下さい!

 

のどのしこりの話はこれでおわります。

ここで今までの話をまとめておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回はのどのしこりが痛い場合と痛くない場合の話をしてきました。

のどにしこりとは

  • のどの皮膚は薄いのでしこりがみつかりやすい。
  • のどには大切な器官が多くしこりができやすい。

のどのしこりが痛くない時

  • 脂肪腫
  • 濾胞腺腫

のどのしこりが痛い時

  • リンパ腺炎
  • 甲状腺がん
  • 悪性腫瘍(がん)

病院に行くなら何科に行く?

  • 耳鼻咽喉科がおすすめ
  • 内科でもOK

しこり以外に症状のある時は早急な受診を!

でした。

 

私ののどのしこりは結局心配のない良性のものだから問題なしと言われました。

もちろん、大きくなるようなら受診するようにと言われましたが・・

それで何も治療しなかったので、しこりは今もあります。

ドクターに言われるまでは知らずにいたのに

しこりのことがわかってから、鏡を見るたび気になりますね~

でもこれ、どうやら体の不調で目立ったり目立たなかったりする事を最近発見しました。

そしてこれはなんだか機嫌の悪い時に目立つようです。

ということで今ではこのしこりを機嫌のバロメーターにしている私なのでした(^^;)

よく読まれている記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*