<スポンサーリンク>

誤嚥性肺炎の原因は飲み込む力の低下?その症状と予防法は?

Pocket

高齢化が進んでいる日本では高齢のためにかかりやくなる病気が増えています。

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)もそのひとつ。

 

肺炎は国内での死亡率第4位の病気ですが

その中の約7割が誤嚥性肺炎といわれています。

 

これは肺の中に異物が入ることでおこる肺炎です。

この誤嚥性肺炎は高齢で、体力の弱っている人に起こりやすいものです。

 

どうして体力の弱った高齢者に誤嚥性肺炎が多いのか?

 

そんな疑問を解くため今回はその原因を中心に見つけにくい症状や治療法を解説します。

それではこちらの順で解説をします。

 

  • 誤嚥性肺炎の原因は飲み込む力の低下
  • 誤嚥性肺炎の原因は姿勢
  • 見えにくい誤嚥性肺炎の症状
  • どんな治療法があるのか
  • 誤嚥を予防するには

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

誤嚥性肺炎の原因は飲み込む力の低下

高齢者に誤嚥性肺炎が多いのはなぜか?

それは高齢になると

体の器官の働きが衰える

という現実にあります。

 

どんな人にも

  • 心肺が衰えてスタミナがなくなる。
  • 足が衰えて歩くのが困難になり、転びやすくなる。
  • 脳が衰えて記憶力が低下する。

 

ということが起こってきます。

そんな中で誤嚥性肺炎になるのは

 

飲み込む力が弱くなる

 

ということで発症するのです。

飲み込む力が弱くなるとどうなるのか?

 

普通の食事でむせやすくなります

 

むせるというのは、飲食したものや唾液が気管に入りかけた時におこる反応です。

若い人でも食べながらしゃべったり笑ったりする時にむせることはあります。

でもちゃんとむせることで食べたものや唾液が気管に入りません。

 

しかし、高齢でむせやすい人はこのむせる力も弱っているのです。

そこで食べ物や唾液を外に出すことができず、気管から肺にものが入ってしまう事になります。

これが誤嚥といわれるものです。

 

その誤嚥したものが肺で炎症をおこすので誤嚥性肺炎というのですね。

 

すでに亡くなりましたが、私の父が高齢で入院した時、ドクターにこんな提案を受けました。

「誤嚥性肺炎が心配なので食事(給食)はやめたほうがいいと思います」

そして父は亡くなるまで点滴で過ごしました。

 

しかし、実は食べ物をやめるだけでは誤嚥性肺炎の危険はなくなりません。

 

それは人は生きている以上、唾液や痰を出し続けているから。

飲み込む力が弱って来るとこの唾液や痰が気管に流れてしまうのです。

 

さらに高齢者が唾液や痰を気管に入れやすい原因がもう一つあります。

それは高齢者に多い日常生活にあるのです。

Sponsored Links

誤嚥性肺炎の原因は姿勢

高齢者は足や脳が衰えてしまうと寝たきりになりやすくなります。

寝たきりになるとますます体の機能は衰えます。

 

しかし寝ている時でも唾液や痰は出続けています。

飲み込む力の弱っている高齢者はこの寝た状態ではますます飲み込みができません。

つまり、こうした寝た姿勢が唾液を気管に入りやすくしているのです。

 

若い人でも寝た状態では食べ物や飲み物は飲み込みにくいですよね。

(健康な人がするのはお行儀の悪い事ですから止めましょう*_*;)

 

また、無事に胃に収まった食べ物も寝た姿勢では逆流してしまいます。

 

これは食事ができなくなり、胃ろうになった高齢者にも当てはまることです。

 

寝たままの姿勢も誤嚥性肺炎の原因になることをここでしっかり覚えておいて下さい。

ここで念を押したのはワケがあります。

 

それは誤嚥性肺炎の症状が見えにくく、発見が遅くなると危険になってしまうからです。

そこで次は高齢者の肺炎を早期発見するためにはどうしたらいいかをお伝えします。

見えにくい誤嚥性肺炎の症状

肺炎といえば、発熱と咳を想像するのではないでしょうか?

しかし、高齢者の肺炎ではこうした普通ならあるべき症状が出ない場合があります。

 

ではどうやって病気を発見したらいいのでしょうか?

 

まずは元気があるかどうか

高齢者は発熱する力もないことがあります。

しかし、肺炎で体が弱っているので普段の元気がなくなります。

 

いつもより食べることが大変そう

むせる回数が増えたり、食べ終わるまでの時間が長くなります。

 

のどから音がする

肺炎になると痰が増えてのどに痰がたまりやすくなります。

それを吐き出すことができず、のどで痰がゴロゴロする音がします。

 

こうした事に気が付いたら早急に医師の診断を受けましょう。

 

しかし高齢者での誤嚥性肺炎はどうやって治療するのでしょうか?

では現在進められている治療法をご紹介します。

どんな治療法があるのか

肺炎になるのは菌が肺に感染するからです。

高齢者でもこれは同じ。

 

そこで誤嚥性肺炎の治療も基本は菌をたたく治療法になります。

それは肺炎を起こしている菌への抗生剤の使用です。

 

さらに呼吸がよくない場合や、酸素濃度が低い場合は酸素吸入も行います。

症状が軽い時は抗生剤でよくなります。

 

でも、一度誤嚥性肺炎になるとこれは繰り返しかかる場合が多いもの。

 

そこで誤嚥性肺炎は治った後の予防が大切になってきます。

その予防法もしっかりお伝えしましょう。

誤嚥を予防するには

誤嚥性肺炎は飲み込む力が弱ることでおこるものでした。

そこで飲み込むものに気をつけることが大切になります。

 

飲食

食べるものは飲み込みやすく柔らかいものにするのは基本ですが

ここで気を付けて欲しいのは水分です。

 

私も父を介護するまで、噛まないでもいい水分は心配ないと思っていました。

しかし、食べ物より水分の方が飲み込みにくいことを知りました。

そこで飲み物にはとろみをつけます

 

ドラッグストアでもとろみ剤は簡単に購入できます。

お茶でもお味噌汁でもとろみ剤で飲み込みやすくしましょう。

 

最近ではとろみのついた介護食も種類が豊富になっています。

こうしたものを買ってみて、ご自宅での調理の参考にするといいですよ^^

 

姿勢

寝たままの飲食は誤嚥しやすい姿勢です。

できるだけ上体を起こした食事をしましょう

 

そして、食事の後は2時間程度横にならないようにして下さい。

これは胃の中の食べ物が逆流しないようにするためです。

 

睡眠の時も体は水平ではなく、上体をやや上げた状態に保つといいでしょう。

これで唾液が肺に入りにくくなります。

 

口の中

高齢者は入れ歯があったりして口の中の洗浄がおろそかになりがちです。

また、加齢では口の中の自浄作用も低下しています。

 

こうなると口の中で菌が増えやすくなり、その菌が肺炎の元になってしまいます。

口の中を清潔にして誤嚥性肺炎も予防しましょう。

 

高齢になるとなかなか自分では体のメンテナンスができなくなります。

こんな時は声掛けや定期的なチェックで体の不調を見つけてあげて下さい(^O^)

 

これで誤嚥性肺炎の話をおわります。

ここでこれまでの話を簡単におさらいしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は高齢者に多い誤嚥性肺炎の原因や症状について解説してきました。

誤嚥性肺炎の原因

  • 飲み込む力の低下・・むせやすくなり、異物を吐き出せなくなる
  • 寝たままの姿勢・・唾液や痰が気管に入りやすい

誤嚥性肺炎の症状

  • 高齢者の場合は肺炎でも熱や咳がない事が多い
  • 元気がない
  • 食事が大変になる
  • のどから音がする

誤嚥性肺炎の治療法

  • 抗生物質の投与
  • 酸素吸入

誤嚥を予防するには

  • 食べ物を飲み込みやすくする
  • 水分はとろみをつける
  • 食べる時や寝る時は上体をあげる
  • 口の中を清潔にする

でした。

先にちょっとお話したうちの父も繰り返し誤嚥性肺炎になりました。

まだその頃は食事のできない父を気の毒に思っていました。

弱っていた父は「食べたい」ともなんとも言わず、点滴だけでやがて亡くなりました。

 

でもこの方が父の最期には良かったように思います。

しかし、食べる意思のあるお年寄りは生きる力のある人です。

なので誤嚥しないように気を配って、いつまでもおいしいものを食べられるようにしてあげて下さいね(^-^)

よく読まれている記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*