<スポンサーリンク>

ビタミンKの欠乏は新生児に影響する!ママにできる事とは?

Pocket

「赤ちゃんが欲しいな」

そう思った時から、女性はママになるのではないでしょうか。

でも、健康な赤ちゃんを産むためにはそれなりに知識が必要ですね。

 

現代ではそんな赤ちゃんに必要な栄養の情報は得られやすくなりました。

どれを見ても「食事はバランスよく摂れ」と書いてあります。

 

しかし新生児には特に欠乏させてはいけないビタミンがあるのはご存じでしょうか?

 

そのビタミンの名前は「K」

このビタミンKは、ママの食生活にも関係してるのです。

 

この、赤ちゃんを守るビタミンKが足りないとどうなるのか。

そしてそのビタミンKを不足させないためにはどうしたらいいのか。

今回は、健やかな赤ちゃんと、ママの健康のために

そのあたりをお伝えしていこうと思います。

 

目次はこちら

  • ビタミンKが欠乏しておこること
  • ビタミンKの欠乏が新生児に起こりやすいワケ
  • 新生児のビタミンK対策
  • ビタミンKを不足させない生活
  • ビタミンKで健康長寿

では詳しい話を始めましょう。

Sponsored Links

ビタミンKが欠乏しておこること

ビタミンKは青い野菜や海藻によく含まれているビタミンです。

これらをよく食べる日本人はビタミンKが比較的よく摂れている民族と言えるでしょう。

 

しかしこのビタミンKはあなたの腸内でもその腸内細菌によって製造されています。

それはこのビタミンがとても重要なものだからでしょう。

 

ビタミンKの主な仕事は血を止める事

そして骨を作る時にも必要不可欠です。

 

ここでビタミンKが欠乏になると出血しやすい体になります。

出血が心臓や脳におこることはコワイことですね。

 

生まれたての赤ちゃんは各臓器がデリケートなため出血もしやすくなっています。

新生児に多い「新生児メレナ」という病気の原因はこのビタミンK欠乏が大きいと考えられています。

 

また、このビタミンKが欠乏すると丈夫な骨が作られなくなります。

 

しかし、こうした欠乏はおとななら通常おきません。

ところがママにビタミンKの異常がなくても新生児には欠乏となる事があります。

 

「え?どうして新生児にだけ欠乏がおこるの?」

その疑問にお答えしましょう。

Sponsored Links

ビタミンKの欠乏が新生児に起こりやすいワケ

出産したばかりのママたちには大きな心配があるものです。

 

それは新生児の突然死

 

しかしその多くは原因不明です。

それでも現代ではその中で、ビタミンKの欠乏が原因のひとつだと突き止められました。

 

しかも母乳オンリーの新生児にその傾向があるということも分かってきました。

母乳には新生児に必要なだけのビタミンKが不足しがちだと判定されたのです。

 

でも、母乳と言ったら赤ちゃんのための完全栄養食のハズ。

それが足りないというのはどういうことでしょうか。

 

ビタミンKは腸内でも作られると言いました。

なので自分で作れるから母乳にはそれほど必要ないと体が思っているのかもしれません。

 

産まれたばかりの赤ちゃんはママの体から腸内細菌を作る微生物をもらって生まれてきます。

ママの腸内細菌の状態によってもビタミンKが赤ちゃんにとっては少なくなる場合があるようです。

 

しかしこれはすぐに修正できる事ではありません。

ということで赤ちゃんのビタミンK対策は出産後すぐにとられるようになりました。

どんなことをするのでしょう。

新生児のビタミンK対策

生まれてすぐの赤ちゃんに何をすればビタミンK欠乏にならないのでしょうか。

 

現代では赤ちゃんが生まれるとビタミンKのシロップを経口投与することになっています。

生まれてすぐと、生後一カ月の間に数回飲ませます。

ただ、この回数は医療機関によっても若干の違いはあるようです。

しかしビタミンK投与の指導があれば問題はないと思っていいでしょう。

 

やがては赤ちゃんもビタミンKを自分の腸内で製造できるようになります。

 

でもここで問題になるの事がひとつあります。

 

あまりに衛生管理をし過ぎても赤ちゃんの腸内細菌は発達が遅れると言われているのです。

除菌グッズを使うのもほどほどにしたほうがいいかもしれませんね。

つまりビタミンKそのものの摂取も大切ですが、自ら作れるようにしなければならないという事です。

 

さまざまな微生物によってその環境はできます。

新生児の腸内環境はママの腸内環境が影響するようです。

そんな赤ちゃんの腸内環境を作るためにママにできる事は何があるでしょうか。

それを次に解説していきましょう。

ビタミンKを不足させない生活

外食産業も盛んな現代では野菜をベースにしたり、健康を売りにしたお店も増えてきました。

 

しかしやはりひと昔ふた昔と比べて食生活はうんと変わってきています。

腸内環境の研究も深まってどんな腸内フローラがいいかなんて特集もあるほどですね。

 

母乳にはビタミンKが少ないと言われる現在。

ママも妊娠中から積極的にビタミンKを摂って赤ちゃんに回すようにしましょう。

 

そこでビタミンKが多い食品をご紹介。

よく覚えていって下さいね。

  • お茶・・玉露、抹茶
  • 海藻類・・わかめ、のり、ひじき
  • 緑黄色野菜・・ケール、しそ、パセリ
  • 大豆類・・納豆

 

日本人にはお馴染みの食品が多いのは嬉しいことです。

 

ビタミンKは食品で摂る分には摂り過ぎる事はありません。

好きなお料理に使っておいしく食べるようにして下さい。

 

ただこの時

「私は赤ちゃんに母乳じゃなくてミルクだから大丈夫・・」

なんて思わないで下さい。

 

実はおとなにもビタミンKはとても大切なのです。

長寿になった現代では特に必要な成分といえます。

それはなぜかというと・・

ビタミンKで健康長寿

現代では特定の病気や薬の副作用でビタミンKが成人でも不足する場合もあります。

しかし、それは医療機関での対応が可能です。

 

でもここではさらに突っ込んで、健康に長生きできるためのビタミンKの摂り方をお伝えします。

現代の日本は、世界でも有数の長寿国となっています。

でも、いくら長寿になっても元気で過ごせなければ楽しくありませんね。

 

そうなるために、ビタミンKはとても活躍してくれます。

 

ビタミンKの仕事は血液を必要に応じて正常に固めるということでした。

そして、同時にカルシウムと協力して骨を作る仕事をしています。

 

長寿という高齢になった場合、健康を維持するには骨の存在がとても大切になります。

特に女性は閉経した後、骨の質が低下する骨粗しょう症にかかりやすくなります。

 

これを防ぐためにカルシウムの摂取と共にビタミンKを摂ることで骨を強く保つことが期待できるのです。

 

さらに高齢になれば腸内の機能も衰えます。

ビタミンKの自己製造も若い頃のようにはいかなくなるかもしれません。

そこで、もう一度ビタミンKの摂りやすい食品をご紹介しておきますね。

  • お茶・・玉露、抹茶
  • 海藻類・・わかめ、のり、ひじき
  • 緑黄色野菜・・ケール、しそ、パセリ
  • 大豆類・・納豆

 

ママやパパが健康長寿になることは、成長する赤ちゃんのためにも大切なことです。

赤ちゃんもママもパパも、健康でいるために、ビタミンKのこと覚えて下さいね。

 

以上でビタミンK欠乏についての話を終わります。

ではここで、これまでのまとめをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

ビタミンK欠乏は新生児に困った症状をおこします。

しかし対処方法を守れば怖いことにはなりません。

それは成人でも同じ事でした。

ビタミンKは欠乏しておこること

  • 出血をしやすくなる
  • 新生児メレナはその代表

ビタミンKの欠乏が新生児に起こりやすいワケ

  • 新生児は腸内でのビタミンK製造が弱い
  • 母乳には必要な量のビタミンKが含まれない場合がある

新生児のビタミンK対策

  • 新生児期のビタミンKシロップの投与

ビタミンKを不足させない生活

  • シロップの投与と共にママもビタミンKを積極的に摂取する

ビタミンKの多い食品

  • お茶・・玉露、抹茶
  • 海藻類・・わかめ、のり、ひじき
  • 緑黄色野菜・・ケール、しそ、パセリ
  • 大豆類・・納豆

ビタミンKで健康長寿

  • 骨の健康を守ることが健康長寿につながる

でした。

 

30年ほど前ではまだビタミンKシロップの投与はありませんでした。

私は完全母乳で二人の子を育てましたが、幸いにもビタミンK欠乏の危険はなかったようです。

でもドクターから納豆をよく食べるように言われた記憶があります。

妊娠を希望しているあなたは特にその日に備えて納豆をたくさん召し上がって下さいね。

おすすめ関連記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*