<スポンサーリンク>

快適な湿度って何%?季節ごとの対策で家族の健康を守れ!

Pocket

人には快適な環境が必要ですよね。

 

それを作るのは気温だけでなく湿度も重要なポイントといえます。

さらに湿度は体感だけでなく健康にも影響を与えるもの。

 

そこで今回は健康を維持するのに最適な湿度についてお伝えしたいと思います。

湿度が人に与える影響と快適湿度の作り方もご紹介していきますよ。

今回の目次はこちら

  • 快適な湿度は何%?
  • 湿度が及ぼす悪影響とは
  • 快適な湿度にする方法

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

快適な湿度は何%?

湿度は気温より見逃されがちなものではないでしょうか。

でも、冬に乾燥注意報が出るのも夏に熱中症情報が出るのもこの湿度のせい。

その湿度を数値で見せてくれる湿度計は便利グッズですよね。

 

もらった温度計に湿度計がついているけど見方がわからない・・

そんな人もいらっしゃるでしょう。

 

そんな湿度はどのくらいがいいのかお教えします。

 

一年を通しての湿度は50%程度が快適といえるでしょう。

 

また、奨励されている湿度は

 

寒い季節は50%からやや低めの40%くらいまで

暑い季節は50%からやや高めの60%くらいまで

 

と言われています。

これを外れると数値が低くても高くても悪影響が出てくるからなのです。

 

快適というのは体が喜んでいるという事ですね。

つまり湿度は高すぎても低すぎても体に悪影響があるということ。

どのくらいの数値でどんな悪影響が出るのか見てみましょう。

Sponsored Links

湿度が及ぼす悪影響とは

湿度が快適値をはずれるとどんなことがおこるのか・・

 

まずは湿度の低すぎる場合を見てみましょう。

寒い季節に湿度が低すぎて起こるのは乾燥です。

 

乾燥は何といってもお肌の大敵ですよね。

肌の水分が乾燥で飛んでしまい、かさかさになります。

ひどくなると皮膚は硬くなってひび割れたりすることに!

 

さらに、乾燥が悪さをするのは肌だけではありません。

私たちのまわりには乾燥が大好きな病原菌がたくさんいるのです。

 

それは風邪などを引き起こすウイルスが代表的でしょう。

 

温度と湿度が低いところが彼らには快適ということですね。

そこで、温度だけでなく湿度が低いところではウイルスが繁殖しやすくなることを覚えておいてください。

 

さらに、湿度の低い乾燥した環境は別な悪影響もおこします。

 

それは火災が発生しやすくなるということ。

これは建物に使われている木材や繊維が乾燥するためです。

 

乾燥しているものは着火しやすくなります。

こうしたことから乾燥注意報が発令されるのですね。

 

次は湿度が高すぎる場合の悪影響を見てみます。

暑い季節など、昨日と同じ温度なのに昨日より不快なことがありますね。

これは昨日より湿度が高くなることで起こる不快感です。

 

湿度が高くなると空気中の水分が多くなります。

そこで空気に触れる体はべたべた感じるようになります。

 

これが不快感の元です。

そして、人は暑い時は汗をかいてその汗が蒸発することで体温を維持しています。

 

ここで湿度が高いと汗が蒸発しにくくなってしまうのですね。

汗が蒸発しないと人は熱が発散できなくなります。

 

こうして頭痛や吐き気などの症状をおこす熱中症が発生することになります。

そこで暑い季節に湿度の高いことが予想されると熱中症情報が発令されるのです。

 

さらに湿度が高いことの影響は不快感だけにとどまりません。

温度の高い季節に湿度も高くなるとモノが腐敗しやすくなります。

 

これは食中毒菌が繁殖するということ。

 

そこで湿度が高すぎるとおなかをこわす確率が高くなるということで

食中毒情報も出ることになります。

 

そして、湿度の好きな菌はそれだけではありません。

お風呂などの水回りを中心に家のあちこちに出現するカビ。

これも湿度が大好きな菌のひとつですね。

 

カビは種類によってはアレルギーを引き起こすなど健康にも被害を与えます。

このアレルギーでは大敵のダニも高い湿度が大好きです。

 

家族の健康のためにもこれらはぜひにも繁殖させたくないものですね。

そこで、人の知恵で快適な湿度を作ることをしましょう。

ここで湿度計を意識するのが大切になります。

 

意識しているうちに自分の快適な湿度がだんだん分かってきます。

そうしたら快適な湿度になるように工夫をしましょう。

では、冬は高めに、夏は低めに湿度をコントロールする方法をご紹介します!

快適な湿度にする方法

快適な湿度を作り出す家電製品は好評を博しています。

暑い季節に大活躍してくれるエアコンには除湿機能が付いているのは当たり前ですね。

気温に限らず湿度を手軽に上げる、見た目もおしゃれな加湿器も多くの種類が出ています。

 

しかし、どの部屋にも取り付けることは実際には難しいのではないでしょうか。

そこで家電に頼らない湿度のコントロール法を探してみました。

 

加湿したい時

寒い時期、インフルエンザが流行って来たら部屋を加湿したいものです。

寒い時は温めた部屋のガラス窓には水滴がついたりしますね。

これを部屋の空気中にいただきましょう。

 

ガラス窓の下、しずくが付きやすい位置に緩衝材に使われるシートを貼ります。

ぷちぷちでもOKですよ。

これでガラス窓の湿気が緩衝材に吸われ、空気中に放出されます。

ガラス窓のカビ防止にもなってまさに一石二鳥の方法です。

 

そして、冬の洗濯ものは夜に部屋干ししましょう。

日中はお日様に当てて、早めに取り込んで室内で乾燥の仕上げをします。

これも室内の加湿と洗濯ものの乾燥が同時にできる主婦技ですね。

 

洗濯がない時は霧吹きでカーテンに水をひとかけするだけでも違います。

でもかけすぎには注意して下さい。

カーテンにカビが生える恐れがありますから(^^;)

 

寝室には夜、洗面器に水を張ったものを置くだけでも加湿になります。

 

除湿したい時

除湿はエアコンや除湿器に任せたいところです。

しかし、身近なものでの方法はないわけではありません。

 

一番のおすすめは換気です。

 

雨の日でも室内より外の方が湿度は低いとのこと。

時間を決めて毎日窓を解放しましょう。

新鮮な空気は気分も切り替えてくれます。

 

そして、湿度を取りたい時は身近にあるものを使うのもおすすめ。

 

新聞紙

1ページ分をくしゃくしゃに丸めたものを使います。

これを湿気の気になるところに置くだけです。

暑い季節に雨で室内干しをする時は

洗濯もののまわりに丸めた新聞紙を配置すると乾燥を助けてくれます。

 

炭は湿気取りに昔から使われていたものです。

6畳あたり2㎏程度の炭で効果が発揮されるようです。

 

暑い季節にアウトドアコーナーで炭も安く手に入れておくといいかもしれません。

 

以上のことを参考に、加湿や除湿をうまく使って快適で健康的な湿度を作って下さいね(^O^)

 

ここまで快適な湿度について解説してきました。

それではここでこれまでのまとめをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は健康にも役立つ快適な湿度についての話をしました。

快適な湿度とは

  • 一年を通しての湿度は50%程度が快適
  • 寒い季節は50%からやや低めの40%くらいまで
  • 暑い季節は50%からやや高めの60%くらいまで

湿度が及ぼす悪影響とは

  • 低すぎると・・肌が乾燥し過ぎる
    インフルエンザなどのウイルスが活性化する
  • 高すぎると・・熱中症になりやすくなる
    ものの腐敗が進む
    カビやダニが活性化する

快適な湿度にする方法
【加湿の場合】

  • 窓に緩衝材を貼る
  • 洗濯ものを部屋干しする
  • カーテンに霧吹きをする
  • 水を張った洗面器を置く

【除湿の場合】

  • 窓を開けて換気する
  • 新聞紙を気になるところに丸めて置く
  • 部屋に炭を置く

でした。

うちでは湿度が低くて困ることは風邪だけではありません。

猫が問題になるのです。

湿度が低くて乾燥している季節はうかつに触ることができないのです。

ちょっと触ろうとすると

ピシッ

そう、静電気が起きて猫も瞬間「きゃっ」という顔をします。(キャットのだじゃれではありません)

ですから思い切ってぐわっと抱き上げるのが冬の猫とのふれあいになります(笑)

寒い時期はネコも人もお互いのぬくもりを求めますから、静電気には負けていられないのです。

冬の「猫あるある」のひとコマでした(^-^;

あなたにおススメの記事

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*