<スポンサーリンク>

老眼予防はトレーニング次第!サプリと目薬でみるみる回復!

Pocket

ついに来たか・・

新聞やケータイを腕を伸ばして持つようになって愕然となったあなた。

自分はまだまだ老眼は先の事と思っていたのでしょう。

 

でも大丈夫です。

 

加齢はどうしようもありませんが、今の視力をキープすることは不可能ではありません。

老眼を進行させないように今すぐ行動を起こしましょう。

 

行動って何?

 

これから今すぐ始められる予防法をお伝えするのでぜひ試して下さい。

そして生活に取り入れられる回復方法も公開します。

 

もちろんあなたのその症状が本当に老眼なのかもチェックできるようにしておきますからね。

これを頭に入れたら老眼の不安はきっと吹き飛びますよ。

 

そんな今回のメニューはこちら

  • 老眼予防トレーニング方法
  • 老眼予防サプリ!おすすめはこれ!
  • 老眼予防は目薬もおすすめ
  • 生活習慣で視力をキープ
  • 視力回復のツボはどこ?
  • 視力回復させる方法
  • 老眼鏡は予防になるのか?
  • 前触れと症状

では一つずつ解説していきましょう。

Sponsored Links

老眼予防トレーニング方法

長時間のデスクワークなどで肩や腰が痛くなる事ってありませんか?

これは肩や腰を長いこと動かさないために筋肉が固まって起きるしまうために起こる症状です。

 

猫がずっと足の上に乗っていると、次に動かす時に痛くて動かせないのと同じです。

 

猫好きじゃないからわからないって?

それは失礼。

じゃあ、彼でも旦那さまでもお子さんでも30分くらい足に乗ってもらって下さい。

重いだけじゃなくて降りてもらってからもしばらく足が動かなくなるですはずです。

例えが長くなりましたね(^^;

 

でもこれが、筋肉が固まってしまった という事です。

 

実は目の調節も筋肉で行われているので、長時間動かさないと同じように凝ってきます。

 

これが積み重なってピント合わせができなくなってくるのです。

 

加齢で筋肉が衰えるのを運動で防ぐように目の筋肉も運動で防ぎましょう。

その運動法はこちら

 

遠近法

私も仮性近視時代に出会った視力回復法です。

  1. 目標を立て(壁の絵やカレンダーなど)3m離れた場所に立ちます。
  2. 自分の指を目の前15㎝の位置に立てます。
  3. 目標と指を5秒ずつ交互に凝視します。

一回3分を一日3回行うと効果的です。

また、絵がお好きな人は窓の外の風景などをスケッチするのも同じ効果が得られます。

楽しみながらやれると長続きしますよ。

 

眼筋トレーニング

目玉を可動域いっぱい動かすトレーニングです。

この動画を見て楽しくやってみましょう。

 

お気に入りの音楽をかけてやるのもいいかもしれません。。

あと、ドライアイ予防のためにまばたきを意識的にするようにおこなって下さい。

 

この動きを目が覚えたら、目をつむってもできるようになります。

 

そうしたら、通勤電車の中でもベッドの中でもできるので、コレ時短になります^^

トレーニングはあなたの体の再生力をサポートしてくれるものです。

やって損はありませんよ。

 

しかしそれだけでは不安ということもありますね。

 

そこで老眼予防に適したサプリメントも使って視力の機能回復も目指したいと思います。

そのサプリのおすすめは次でご紹介です。

 

老眼予防サプリ!おすすめはこれ!

老眼は加齢により、目に存在する成分が少なくなる事でも起こります。

その成分ルテインと目の調節機能の活性化を助けるアントシアニン配合が老眼予防の決め手になります。

 

モイストアイベリー(DHC)・・PCやスマホ使用が多い人のドライアイを軽減。
即効性もあると口コミが多いサプリ

 

ルテイン(DHC)・・加齢に心強いルテインを中心に配合されたサプリ

 

大正ブルーベリー・・信用ある製薬会社のサプリで人気。加齢には欠かせないルテインは6㎎を配合

 

キューピーブルーベリー&ルテイン・・こちらも有名メーカーとして信用の高いサプリ
一袋2ヶ月分でコスパの良さでも人気

 

めなり(さくらの森)・・ルテイン12㎎配合。通販なら15日間返金保証でお試しがしたい人におすすめ

 

えんきん(ファンケル)・・ルテインは10㎎配合で目のピント合わせを中心に考えられたサプリ

なお、キューピーブルーベリー&ルテインだけはアマゾンなどでは買えません。

 

しかし、生協で取り扱いがあります。

 

また、初回のみお安くなっているものも多いのであなたに合ったものも上手に探して下さい。

しかし、サプリを毎日飲むのは面倒だわ。

そんな方もおられると思って、即効性のある目薬もご紹介しておきますね。

Sponsored Links

老眼予防は目薬もおすすめ

PCやケータイが生活の一部という忙しい人には目を休ませる時間もなかなかありません。

その目の疲れを素早く回復させる目薬は十分老眼予防になるでしょう。

そんな目薬のおすすめはこれ。

 

ロートVアクティブ・・目の新陳代謝を促進する成分が他の目薬より多く配合された目薬。

 

スマイル40プレミアム・・商品名の通り、40過ぎ辺りから気になる目の症状を緩和。
一般的な防腐剤は配合されていないので気になる人にはおすすめの目薬。

 

ジクアス点眼薬、ムコスタ点眼薬・・視力回復に効果が著しいと言われる目薬。

ただし、これは眼科の処方のみでしか手に入りません。

 

サプリや薬を使っていても老眼を進ませるような生活をしていてはあまり意味がありません。

では、この機会に目に悪い生活も見直してみましょう。

 

生活習慣で視力をキープ

目を使わずに生活することはとても無理です。

しかも目は交換ができません。

大事な目を一生大切に使うために、目を労わる生活習慣を身に付けましょう。

 

仕事中にできる事

  • PCの位置・・モニタを見下ろす気持ちの位置で見る
  • モニタは明るさを調節・・まぶしすぎても暗すぎでも目に負担がかかります。
  • フォントの調節・・自分の読みやすい文字の大きさにしましょう。
  • ブルーライトの軽減・・防護フィルムを張ったり、ブルーライト用グラスをかけましょう。

 

スマホではブルーライト対策のアプリもあるので活用して下さい。

そして、1時間ごとに休憩を取って遠くを見て、目を休めて下さい。

 

食生活でできる事

サプリに多い栄養素を普段の食事で補います。

  • ルテイン・・ほうれん草・ブロッコリー
  • アントシアニン・・ブルーベリー・ぶどう
  • アスタキサンチン・・エビ・鮭
  • ビタミンA・・レバー・うなぎ
  • ビタミンB群・・緑黄色野菜・豚肉・青魚
  • ビタミンE・・ナッツ類 たまご
  • 黒い食品・・黒豆・黒ゴマ

 

ただ、目に良いからと言ってもここに書いてあるものばかりを食べるのはやめて下さい。

あくまでも健康の基本はバランスの取れた食事ですから。

 

自宅でできるアイケア

手の空いた時にいつでもできます。

ホットパックを作って目を温めましょう。

 

(ホットパックの作り方)
水に浸し、固くしぼったおしぼりをレンジで1分ほど加熱します。

その熱いおしぼりを冷めるまで目に乗せて温めることで目の緊張がほぐれます。

 

でも、もう少し積極的にトレーニングの他にできることはないのかな?

 

了解です。

そんな積極的なあなたには視力回復のツボをお教えしますよ。

 

視力回復のツボはどこ?

ツボの効果は高く、副作用もないのがいいですね。

 

老眼点(ろうがんてん)
手の内側、小指の根元の真ん中が老眼点です。
もう一方の手の親指で圧迫しながら揉みます。
リラックスタイムに1回3分程度行いましょう。

新明(しんめい)
耳たぶの裏側の中央が新明です。
親指と人差し指で挟み、3回ほど強めに押します。

太陽(たいよう)
口を開けた時にへこむこめかみが太陽です。
親指を使って両方の太陽を強く数秒押さえます。

 

仕事の始めと終わり、寝る前にするようにすれば1日3回するのがおすすめです。

 

老眼が現に発症したものを元に戻すことは難しいとされています。

見えにくくなった状態はやはり補助器具を使うのも大切になります。

 

こうした方法もあるという情報も覚えておいて損はないと思いますよ。

そこで補助器具の案内も付け加えておきしょう。

498175

老眼を回復させる方法とは?

老眼は元には戻らないのか?

そう思うと落ち込みます。

 

しかし、近眼と同じように矯正することはできるのです。

 

方法はいろいろあるのであなたに合った方法を選んで下さい。

 

レーシック
視力回復の画期的な手術として注目されています。
角膜を人工レンズに入れ替えますが、老眼向きには片方だけ入れ替える方法が取られるのです。
人は効き手と同じく目にも効き目というものがあります。
効き目でない方にレンズを入れて、効き目では遠くが見られるようにするのです。

 

コンタクト
元々コンタクトを使っている、メガネは避けたいという人には良いでしょう。
遠近両用のコンタクトをもハードとソフトがあります。
生活様式に合わせて選ぶと良いですね。

しかし目に直接刺激を与えるものですから、コンタクトの使用は必要最低限にしたいものです。

 

老眼鏡
やはりお手軽なのはメガネでしょう。
今はおしゃれなものや薄くて機能的なものなど種類も豊富です。

 

何も使わずに目を細めたりしていると老眼の進行が早まります。

ピントの合った生活をしましょう。

 

老眼鏡は予防になるのか?

これの答えはイエスになるでしょう。

近視でもそうですが、見えないままにしておくと目が無理をします。

 

目の無理は目の負担を増やし、老化を早めることになりかねません。

そこで最適に見えるようにすることで、目の負担を防ぎ、結果的に老眼の進行を予防するわけです。

 

大事なのはあなたの視力に合ったレンズを選ぶこと。

 

今は100均でも老眼鏡が買えてしまいますが、これはおすすめできません。

 

できるだけ眼科に行って、確かな度数を測ってもらって下さい。

老眼が心配な年頃は目の病気が起こりやすい年頃でもあります。

 

他の病気が潜んでいないか調べてもらうためにも是非眼科で老眼鏡を作って下さい。

 

最後になりましたが、あなたのその症状が本当に老眼の前触れなのかお伝えしましょう。

確かめておけば安心ですものね。

 

前触れの症状とは?

よく近視の人は老眼にならないなんていいますが、嘘ですから。

老眼は目の調節機能の衰える事で発症するものでした。

 

あなたが物を見る時にピント合わせに時間がかかるようになったら それが老眼の前触れです。

 

近視の人はそれまでメガネをしたままでも見えていた近くが見えなくなります。

そしてメガネをはずして近くを見るようになるのです。

 

近視メガネをしていて、こんな事が出てきたら老眼の前触れと思っていいでしょう。

 

どちらも放置していると老眼は進みますので早めの対策を行って下さい。

 

これで老眼の予防についてのお話はおわりです。

ついつい熱が入って長くなってしまいました。

はじめのお話から思い出してもらえるようにまとめておきます。

Sponsored Links

まとめ

今回は老眼の予防法を幅広くお伝えしてきました。

老眼予防トレーニング方法
眼筋を動かしてほぐす。

老眼予防のおすすめサプリ
モイストアイベリールテイン・大正ブルーベリー・キューピーブルーベリー&ルテインめなり・えんきん

老眼予防のおすすめ目薬
ロートVアクティブ・スマイル40プレミアム

生活習慣での予防
PCやスマホ環境を整える。目に良い栄養素を食事に取り入れる。

視力回復のツボ
老眼点、新明、太陽。

視力回復させるには
レーシック・コンタクト・老眼鏡

老眼鏡は予防になるか?
視力に合ったレンズは老眼の進行を抑える

前触れ症状
ピント合わせに時間がかかる。近視の人は近くを見る時メガネをはずすようになる。

 

まとめも長くなってしまいましたね(~_~;)

でも大切なことなので覚えておいて下さい。

私も0,1以下の近視で50代です。メガネを外して近くを見ています。

遠くはメガネで、近くは裸眼でいいのですが、困るのは中間点。
ちょうど、PCを操作するくらいの位置が見えなくつつあるのです。

人にばっかりおせっかいしていないで、私も近いうちに老眼鏡のために眼科へ行こうと思います。

最後の最後におせっかいをもう1回だけ。

老眼の年頃は眼病の年頃にも入ります。

40過ぎたら1年に1回、眼科検診に是非行って下さい。

おすすめ関連記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*