<スポンサーリンク>

冷え性の対策はこの4点!食材も環境グッズも味方につけろ!

Pocket

なんだかとても寒そうですね。

大丈夫ですか?

手袋も靴下もあったかそうですが、効かないんですね。

もしかしてあなた、冷え性になる生活をしているのかもしれませんよ。

ここで冷え性を改善する方法を話していきますので是非読んで下さい。
読み終わる頃にはあなたに合った冷え性対策がきっと判って来ると思いますよ。

 

今回はこの4点で解説していきすからね。

  • 冷え性対策は食品で決まり!
  • 冷え性対策は見の周りの環境で決まり!
  • 冷え性は生活習慣を変えれば治る?
  • 冷える人が欲しいグッズあれこれ

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

冷え性対策は食品で決まり!

自然界は本当に良くできているものです。

本来暑い夏には体を冷やす野菜が、冬には体を温める野菜が旬になっています。

これを押さえておけば食品をいちいち覚える必要がありません。

しかし現代では一年を通してどんな野菜もたいてい手に入ってしまいます。

そうして食材の旬も分かりづらくなっていますね。

そこでこんな覚え方をしてはいかがでしょうか。

 

体を温める食品の覚え方

地下に育つもの・・にんじん・ごぼう・芋類・ねぎ
硬いもの・・かぼちゃ・ナッツ・豆類
色の濃いもの・・緑黄色野菜・黒ゴマ・黒砂糖・雑穀

体を冷やす食品の覚え方

水分の多いもの・・トマト・うり
柔らかいもの・・豆腐・バナナ
白いもの・・小麦・白砂糖
番外・・コーヒー・アルコール

これで覚えやすくなったでしょうか?

 

忘れてしまった時はお買い物の時に安くなっている食品を選ぶと良いでしょう。

旬の食品は出荷量が多く、自然に安値になっていますからね。

 

そして肝心なのは火を通したものを食べる事

 

硬いかぼちゃや人参、そして芋はたいてい火を通して食べます。

 

理にかなった調理なのですね。

 

そして緑黄色野菜も火を通して温野菜にし、生で食べるのは避けましょう。

また、大豆製品でも水分の多い豆腐は冷やす部類になっています。

これも十分火を通せば余計な水分を摂ることになるので、湯豆腐などで召し上がって下さい。

 

アルコールは飲んだ直後は温まる気がしますが、結果的には血行を悪くしてしまうのです。

 

これは末端の冷えになるので、ほどほどにしましょう。

同じような効果で、食品ではありませんが、喫煙も血行を悪くします。
こちらもほどほどにして下さい。

でも、食べるものだけでは冷えはなかなか改善しません。

 

ひとりひとり嗜好がありますものね。
冷え対策は一朝一夕にはできません。
あなたに合った方法でないと長く続けることも難しくなってしまいます。

と、いうことで生活環境からも冷え対策にアプローチしたいと思います。

117415

冷え性対策は身の周りの環境で決まり!

温かい食べ物を食べていても部屋が冷え症仕様になってしまってはもったいないですね。

 

まずは温度を調節しましょう。

 

冷え性が問題になるのは実は暑い季節が多いのです。

エアコンの温度設定が低すぎて冷え性を発症しているのですね。

 

ご家庭でも夏は28℃冬は20℃に設定して外気温との差が大きくならないようにしましょう。

 

また、冷たいからと厚手の下着や靴下の重ね履きをしていないでしょうか?

厚手の下着も靴下の重ね履きも体を締め付ける原因になっています。

 

締め付けられた血管は末端へ血液が届けられなくなり、手足を冷やしてしまいます。

 

冷え性は交感神経の不調が発端です。

 

暖かい部屋では裸足で過ごす方が冷え性改善につながります。

これも毎日続ける事で改善を目指すものです。

最初は薄手の靴下から始めると良いでしょう。
そしてもうひとつ肝心なのがあなたの生活習慣です。
体がどうやって発熱するか分かったら、どうすればいいかきっと解ってきますよ。

Sponsored Links

冷え性は生活習慣を変えれば治る?

ここでお伝えしたい事は3点です

まずひとつは筋肉を作ること。

体が一番熱を作るのは筋肉です。

女性はどうしても男性より筋肉量が少ないので冷え性が多いのです。

しかし筋肉は鍛え方しだいでいくつになっても増やすことができる事が判っています。

「運動はキライ」という人も熱を作る筋肉を育てましょう。

筋肉をつけて熱量を上げる事はダイエットにも美容にも効果があるのです。

まずは歩くことから始めましょう。

一駅前から歩く
階段を使う

大きく腕を振って歩くといつの間にか暑くなって爽快になってきますよ。

次はお風呂の入り方です。

 

熱すぎるお湯はやめましょう。

 

ぬるめのお湯で、半身浴にする場合はタオルで肩が冷えないようにします。

 

肩まで浸かる場合は長湯は禁物です。

 

そして湯船から出た後にシャワーで水をかけます。

はじめは足先から、慣れたら全身かけてもいいでしょう。
最初はヒヤッとしますが、あとからぽかぽかになりますよ。

けれど急にはいけません。

あくまでも手先や足先から慣らしてくださいね。

 

そして最後は衣装です。

ファッション重視で着るものを決めるのは止めましょう。

首回りが開き過ぎたデザインやきついサイズの服、靴は冷えを助長します。

冷え性では3つの首を温めることが効果的です。

 

首、手首、足首の3つです。

 

また、寒く感じた場合は外気にさらされている関節一つ分まで覆いましょう。

腕なら肩、肘、手首。足なら膝、足首と順に覆うと暖かくなります。

 

さあ、こうして冷えが治る道が見えてきました。

だけど、今すぐでも暖かくしたい手足はグッズを使うのも手です。

そんな冷え性さん向けの嬉しいグッズもいくつかご紹介してみましょう。

 

冷える人が欲しいグッズあれこれ

今はアイデア商品もいろいろありますが、昔ながらのあったかグッズも注目ですよ。

湯たんぽ
今はプラスチック製で安く購入できますね。
ミニサイズのものは職場でも活躍しそうです。

サーモヘアソックス
アンゴラの子から採れる希少な毛を使用したソックスです。
緊急避難用には優れものですが、1足3000円です。

腹巻
実はこれ夏も着用すると効果的なのです。
今はおしゃれなデザインの腹巻も増えてきています。
おなかの冷たい人には是非!

USBあったかスリッパ
その名の通り、USBに繋いで保温できるスリッパです。
PC作業の人の味方です。

もちろん普通のボアスリッパとしても使用可。

防寒用下半身袋
腰から下の冷えに悩んでいる人へおすすめ。
立ち仕事の人にも。

足湯バケツ
足湯だけでも体が温まるもの。
お好きなアロマを入れればリラックス効果も得られます。

冷え性対策の話は以上です。

あなたに合う方法やグッズは見つかったでしょうか?

それではまとめをしておきますので今一度確認して下さい。

Sponsored Links

まとめ

冷え性対策には食材や生活習慣がカギでした。

体を温める食材
・旬のもの
・地下部分を食べるもの
・硬いもの
・色の濃いもの

体を温める環境
・エアコンは夏は28℃冬は20℃に設定すして外気との温度差を少なくする。
・厚手の下着や靴下は体を締め付けるのでやめる。

体を温める生活習慣
・運動をして筋肉を増やす。
・熱いお湯は避け、風呂上りに体に水をかける。
・衣服は3つの首を覆うデザインを選ぶ。

冷え性のおすすめグッズ
・湯たんぽ
・サーモヘアソックス
・腹巻
・USBあったかスリッパ
・防寒用下半身袋
・足湯バケツ

でした。

実は私もずいぶん昔、エアコンの部屋で突然冷え性になりました。

それまでは冬でも裸足、外出にもコートなんて着たことなかったのに
夏でも足先が冷たくて困るようになりました。

冷房がいかに人口の気温かと思い知ったできごとでした。

特に困るのが冬の寝室。

お風呂から出てすぐ布団に入るようにしても足が冷たいのです。

で、そういう時はどうするかというと

となりで寝ている主人の布団に足だけ入れるのです。

主人は冬でもぽかぽかな体しているのでアンカになってもらっています。

・・て、これもしかしてのろけになりました?

あなたも大事な人に温めてもらって下さい。

そしてまた体の悩みができた時はこのサイトを覗いて下さいね。

このサイトはいつでもあなたの悩みを解決する用意がありますから。

おすすめ関連記事

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*