<スポンサーリンク>

しもやけの原因は血行不良とビタミンE不足!今すぐ治そう!

Pocket

今年もまた気が滅入る季節になって来たなあ・・

手足をさすりながらのつぶやきが聞こえてきましたよ。

 

もう何年そのしもやけをがまんしてきたんですか?

ここらでもうそれ、やっつけましょう。

 

何をやってもダメだったとは言わせません。

 

あなたのしもやけの原因を調べれば治し方は必ずあります。

私についてきて下さい。

 

それでは今回はこのリストでお教えしますから。

ゴール目指して始めましょう!

  • しもやけの原因は血行不良
  • しもやけの原因はビタミンE不足から
  • しもやけの治し方はこれで決まり
  • しもやけに効く市販薬ベスト5
  • 寒くなる前の予防で乗り切れ

さあ、スタートです。

Sponsored Links

しもやけの原因は血行不良

しもやけは手足の先まで血がめぐらないことでおこります。

でも、しもやけはなる人とならない人がいますよね。

 

血は本当なら隅々まで行きわたるように作られているはずです。

 

それが、行きわたらない人がいるってことですね。

血が行きわたらない人ってどんな人でしょうか?

 

代表的な人に冷え性の人があります。

 

冷え性の人の血管は細くなっていて酸素が少なく元気がありません。

そして手足の先まで酸素を運ぶことができにくくなっているのです。

暑い時期はまだそれでも手足は何とか無事です。

しかし寒くなると、血が十分届かない手足は悲鳴を上げるのです。

561144

酸素がないと動けない!

 

この状態がしもやけなのです。

寒い時期は手足以外にも寒い空気に触れるところがしもやけになります。

頬とか耳たぶとか、衣類をまとっていない所ですね。

 

しもやけのなり始めは赤くなります。

 

血行不良なのになぜ赤いの?

 

それはこれが炎症の赤さだからです。

冷気に触れた肌は中からも外からも冷たい刺激にさらされなければなりません。

それで炎症が起き、さらには腫れてますます赤くなってしまうのです。

これは手足の悲鳴と言えるでしょう。

 

でもしもやけは痛いよりまずかゆくなるのはどうして?

 

それってしもやけが寒いところから急に暖かいところに入った時におきるのではありませんか?

 

冷たい手足をマッサージしてあっためた時とか・・
お風呂に入った時とか・・

これは寒さで縮こまっていた血管が、温まることでぱあっと広がります。

その時広がった血管が内側から急に皮膚を刺激するためです。

この刺激をあなたがかゆみとして感知するわけですね。

 

もともとかゆみは痛みの前駆症状といいます。

 

温度差が大きいほど、皮膚は刺激されるのでかゆみは強くなり、やがては痛みに変わるでしょう。

また、冷え性ではないのにしもやけになりやすい人もいます。

 

汗かきの人
特に足の汗をよくかく人は寒い時期でも足がしっとりしています。

これは汗が外気で冷えることで、足そのものが冷えてしまい血行不良を招くものです。

うちの主人がそうです。

足だけは一年中しっとりしていて、寒い時期はしもやけで足先を赤くしています。

反対に私は冷え性っぽいのですが、乾燥肌なので靴下を履いてもいつも足はカサカサ。

寒い時期はしもやけよりあかぎれに悩まされています。

これで判るのは、しもやけは水分による冷えで起こりやすい。

ということではないでしょうか。

現にしもやけになりやすい人はこんな人たちです。

 

水仕事の多い人
手に水を付けたまま放置しておくと体温を奪います。

体温が奪われ冷えたまま長時間おかれた末端の血管は流れが悪くなります。

ある種、職業病といえるかもしれません。

調理系の仕事、看護師、美容師さんなどがそうですね。

足先のきつい靴をよく履く人
これは普段から物理的に足の指が血行不良になっているといえます。

 

また、窮屈な靴の中は蒸れて、足が汗をかいているものです。

 

そして靴の中で止まっていた血流が、靴を脱いだ時解放されてかゆみを引き起こすでしょう。

足を締め付けるのは、血行だけでなく体に悪影響を及ぼします。

 

足が気持ちよく収まる靴を選んで下さい。

 

でも、しもやけはこうした血行不良だけではありません。

 

普段の食生活は乱れてませんか?

 

実は体温調節に深く関わるビタミンが取れないとしもやけの原因になるのです。

Sponsored Links

しもやけの原因はビタミンE不足

冷え性の方にはお馴染みかもしれませんね。

ビタミンEは細胞の保護をしてくれているものです。

もちろん血管の細胞も強化してくれています。

コレステロール値を正常にして血流もスムーズにします。

こうした働きのビタミンEが不足すると、血管はメンテナンスがされなくなるのです。

あげく、末端の血管から運航が滞り、やがて血行不良になってしまうという訳ですね。

 

忙しくて外食の多いあなたは大丈夫ですか?

 

原因からみるとしもやけは血行をよくすれば治るということになります。

それでは血行が良くなる方法をご紹介しますね。

しもやけの治し方はこれで決まり

しもやけでつらいのはかゆみと痛みです。

これを無理なく取ることを優先したいですよね。

お風呂で温まるとかゆくなるしもやけは温水と冷水に交互に浸しましょう。

 

40℃程度のお湯と水道水に1~2分ずつしもやけの部位を沈めます。

 

お風呂なら冷水はシャワーでもいいですね。

また、お風呂でなくても洗面器やバケツがあればOKでしょう。

 

繰り返すことで血行が良くなってきますからね。

 

大切なことは、このあとしっかりと水分をふき取るという事です。

水分が残っているとまた手足を冷やしてしまう事になりますから。

308330

冷えから体を守る

冷えは血行不良の大敵です

冷え性の人は特に厚手の衣類や機能性下着を身につけます

毛糸の帽子やマスクで外気に触れる部分を最小限にしましょう

そして、アフターケアも肝心です。

 

それには塗り薬。

 

顔や肌もお風呂上りにケアが必要なようにしもやけの手足もきちんとケアしましょう。

 

しもやけに効果のある塗り薬を紹介しますので、お気に入りを見つけて下さい。

 

しもやけに効く市販薬ベスト5

しもやけに効く塗り薬は寒い時期の肌トラブル全般に効果を発揮するようです。

ユースキン
冷え性に欲しいビタミンEが配合された、消炎と保湿効果のあるクリームです

メンソレータム
カンフルとメントールでかゆみを沈めるとともに血行不良を改善します

紫雲膏(しうんこう)
あの華岡青洲が考案した漢方が入っているというやけどに効く薬。
しかし、血行促進や抗炎症作用がしもやけにも効果を発揮します

オロナイン
歴史のある家庭薬といったところでしょうか
スーッとする効果はありませんが、マイルドな成分で小さい子から使えます

ベルクリーンS軟膏
血行促進作用と抗炎症作用でしもやけにアタックします
今年のしもやけ対策はこれでいい感じになりましたね。

しかし来年もまた再発しないようにしたいもの。

そんな時はこんな予防法で食い止めましょう。

 

寒くなる前の予防で乗り切れ

毎年しもやけに苦しめられているのなら、寒い季節になる前からの予防が肝心です。

その予防は生活習慣の中でできるものばかりです。

 

汗をかいた靴下や濡れた衣類はすぐに替える
汗をかいた気がしなくても足は汗をかいているものです

また、雪遊びなどで濡れた手袋を長くはめているのも避けましょう

ビタミンEを多く含む食品を積極的に摂る
ビタミンEの多い食品・・アーモンド、うなぎ、たまご、レバー

きつい衣類は避ける
先ほどは靴の事がありましたが、体を締め付ける衣類もやめましょう

締め付けることで血行が悪くなるからです。

 

これは寒い時期に限った事ではありません。

 

ゆったりとしたものの方が衣類と体の間に体温の層ができて体温が上ります。
冷え性の人はこうした衣類の着方で冷えを取りましょう。

運動の習慣
運動はあらゆる健康に役立つといわれていますね。

運動をして体の血流を良くしましょう。

特に全身運動は末端までの血流と酸素も増やしてくれます。

 

手始めにウォーキングはいかがですか?

 

頭にも酸素が行き届いて気分もよくなること請け合いです。

しもやけの原因から治し方までの話はこれで終わります。

 

これで安心できたのではないでしょうか?

この話のかんたんなまとめをここでしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回はつらいしもやけとはこれでおさらばという話でした。

しもやけの原因は血行不良
冷え性の人、汗かきの人、水仕事の多い人
そして、きつい靴を履く人は血行不良になりやすい

しもやけの原因はビタミンE不足から
血管修復作用のあるビタミンEが不足すると血行不良になりやすい

しもやけの治し方はこれで決まり
患部を温水と冷水、交互に浸す
寒い時期は厚手の衣類をゆるく着る
足の血行を妨げる靴はやめる

しもやけに効く市販薬ベスト5
ユースキン
メンソレータム
紫雲膏
オロナイン
ベルクリーンS軟膏

寒くなる前の予防で乗り切れ
汗など、濡れた衣類は早く替える
ビタミンEの多い食品を摂る
ゆるい衣類で体温を逃がさないようにする
運動を習慣づける

でした。

 

私は先にも書いたようにしもやけというよりひび、あかぎれになるタイプです。

しかし、アトピーでもあるので、しもやけのように温まるとかゆくなります。
だからお風呂や布団の中でかゆくなるつらさはよーくわかります。

しもやけにはおすすめした薬でほぼ対処できるとは思います。

でも、私は睡眠を妨げるほどかゆい時は冷凍庫から保冷剤を出してきてあてがっちゃいます。

冷えるのはいけないけど、掻き壊してしまうよりはという一時避難ですね(^^;)

あなたのしもやけがそんなふうにひどくならないことを祈っています。

あなたにおススメの記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*