<スポンサーリンク>

咳が治らない病気の正体とは?何科でどんな検査を受ける?

Pocket

ゴホンゴホン、コンコンコン、ゲホッゲホッ・・
いろんな出方がありますが、あなたの咳はどれでしょうか?

 

どんな咳でも止まらないと本当にツライものです。

ご本人はもとより、周りの人も心配が募ります。

 

そんな長引く咳を何とか鎮めるお手伝いができないかと考えました。

そこで、咳の症状に最適な診療科や検査方法、緊急に咳を止めるためのツボを見つけてきました!

 

病院での検査の話は体験談なので特にお役に立つと思いますよ^^

 

では、この記事のもくじから始めましょう。

  • 咳が治らないなら何科にかかる?
  • 咳が治らない病気って何?
  • 咳が治らないのはストレス?
  • 長引く咳の検査方法は?
  • 咳に効くツボはどこ?
  • 環境改善で咳を予防

 

では詳しくお伝えしていきます。

Sponsored Links

咳が治らないなら何科にかかる?

咳はのどに異物が入り込まないように自動で働くシステムです。

風邪になった時は、内科や耳鼻科にかかっていたけど、咳だけ残ってる・・

 

実はこういうことは多いもの。

その咳が続くという事は呼吸器に何か問題があるという事になります。

 

耳鼻科も耳鼻咽喉科となるとのどの奥まで診てもらえるでしょう。

 

しかし、そのまた奥の肺の問題となると咽喉科でも治すのは難しくなってきます。

こんな時はドクターが紹介状を書いてくれるでしょう。

 

こんな場合は呼吸器内科を勧められると思います。

 

呼吸器内科は総合病院にある呼吸器に詳しい先生のいる診療科です。

 

まずはここでじっくり診てもらって下さい。

 

呼吸器内科に行くとしても、突然怖い病名を言われたらどうしよう・・。

病院へ行く時は多かれ少なかれそうした不安はつきものです。

 

では、受診する前にちょっと復習して行きましょう。

 

咳が治らない病気を並べてみますので、目を通しておくと安心かもしれません。

咳が治らない病気って何?

軽い感染による風邪なら、通常咳も1週間程度で収まるものです。

しかしこれが3週間以上も咳が続くようでは、他の病気を疑います。

 

百日咳

100日くらい咳が続くことからこの名前が付きました。
百日ぜき菌に感染することで発症します。
特徴的な乾いた咳があり、熱は高くありません。

 

結核

微熱や血の混じった痰が出ます。

 

咳喘

熱、痰、喘鳴はなく、乾いた咳が続きます。

 

COPD(慢性閉そく性肺疾患)

気管支や肺胞が炎症を起こし痰や呼吸困難も現れます。

 

肺炎

熱の出ない肺炎もあるので咳だけが続くという事になります。

喉の痛みや痰、声が枯れる場合は疑いましょう。

 

後鼻漏

副鼻腔炎などから起きます。

鼻水が喉に流れる事で喉で痰になり、咳につながります。

 

咽頭アレルギー

のどの不快感(イガイガ、かゆみ)などありますが炎症はみられません。

 

肺がん

乾いた咳が続き、血痰が出ることがあります。

他の病気の症状と重なっているため、診断の確定には時間がかかります。

 

このように咳で考えられる病気は多いのですが、原因が分からないものもあるのです。

各種検査しても何も問題がなかった・・

 

そんな場合はストレスを疑う事も必要です。

ではストレスでの咳には特徴はないのでしょうか?

 

Sponsored Links

咳が治らないのはストレスが原因?

ストレスは人の体の機能を支えている自律神経に強く作用します。

そのため、ストレスがかかり過ぎると体の様々な場所が不安定になるです。

 

ストレスからの症状はうつや頭痛、胃痛など、主に神経系に現れます。
咳も自律神経に依存しているので、ストレスが原因になりうるのです。

 

この場合の咳を「心因性咳嗽(しんいんせいがいそう)」といいます。

痰もなく乾いた咳が続き、検査で問題がない場合は疑われる病気になります。

 

そして心因性咳嗽の診断がされた場合は心療内科や精神科に移って治療を続けるのがいいでしょう。

 

これまでの話で検査という言葉が何度かでました。

 

病気を特定するにはこの検査が欠かせません。

そこで、咳の病気を確定する検査についてもお伝えしておこうと思います。

 

実は私の娘が先般この検査を一通りやったばかりなので、リアルな情報がお伝えできると思いますよ。

 

長引く咳の検査方法は?

娘もご多分に漏れず咳だけがいつまでも続いたので内科から呼吸器内科へ回されました。

そこで半日かかってやった検査がこれでした。

 

採血

好酸球を調べる事でアレルギーなどの存在を調べます。
総合病院でしたが、採血係が5人いても30分以上待ちました。

 

胸郭レントゲン

肺や気管支の影から診断ができます。
今はデジタル画像なので瞬時に結果はドクターの元に送られます。

 

肺機能検査

肺活量は学校で調べたことのある方もおられるでしょう。
親指ほどの太さのパイプにありったけの呼気を吹き込む検査です。

 

一度検査が終わった後、喘息用の気管支拡張薬を吸引してからもう一度同じ検査をしました。

 

この差を見る事で、喘息の有無がわかります。

 

喀痰検査

細菌の様子が分かります。
娘の場合は痰は多くなかったので、検査用の痰を出すのに苦労していました。

 

CT検査

胸郭の輪切り状態が確認できます。
レントゲンでは見えない細かい部分の損傷がわかります。

 

また、診察室では聴診と、酸素濃度も計測しました。

 

おまけで言いますと、診察料はやはりほとんどが検査代で、3割負担でも15000円かかりました。

これだけの検査を受けるには「さあやるぞ」と意気込みがいるというものです。

 

しかし、咳は今すぐ止めたい!

 

そんな時にはツボが効果を出してくれます。

ここはちょっと咳を出すにはいかないと言う時にはツボはいいですよ。

 

咳に効くツボはどこ?

ツボは素人には分かりづらいものです。

 

そこでこの動画をご用意しました。

これは「孔最(こうさい)」というツボです。

 

いざと言う時は活躍してくれるでしょう。

 

さて、先に、咳は異物を排出する反射といいました。

ということは、病気ではない時もこの反射は起こる事になります。

 

現代は排ガスや花粉など空気中の異物は多い世界です。

たばこは吸っている人にもいない人にも異物になっているでしょう。。

 

そうした普段の生活から、咳を防ぐことは呼吸器を守る事につながります。

そんな環境をご家庭の中から作って行きませんか?

 

その方法をお伝えします。

516372

環境改善で咳を予防

咳を予防するための環境は以下の点を意識してみてください。

 

あなた自身咳で辛い時にできること

  • 首や肩を温める
  • 温かい飲み物を飲む
  • 香辛料は避ける
  • お酒もたばこも控える
  • 急激な温度変化に注意する
  • ストレスを溜めない

家庭の中でできること

  • こまめに換気をする
  • 適度な湿度を保つ
  • ベッドや布団のこまめな清掃

 

以上、咳が治らない時の情報はいかがでしたか?

 

咳をしながら読んで下さったのではないでしょうか?

ではこれまでの話を簡単にまとめておきますね。

 

Sponsored Links

まとめ

今回はなんとか治したい咳についてお伝えしました。
私事まで入れてしまいましたが、わかっていただけていたら幸いです。

 

  • 咳が治らない時に受診するのは呼吸器内科がベスト。
  • 咳が治らない病気・・百日咳、結核、咳喘息、COPD、肺炎、後鼻漏、咽頭アレルギー、肺がん
  • ストレスが原因の咳の病気・・心因性咳嗽
  • 長引く咳の検査方法・・採血、胸郭レントゲン、肺機能検査、胸郭CT、喀痰検査
  • 咳のツボは孔最(こうさい)
  • 環境で咳を防ぐ方法・・体を温める、温かい飲み物を飲む、酒たばこを控える。
    部屋の換気をこまめにする。湿度を保つ。寝具をこまめに清掃する。

 

結局うちの娘はCT画像により、以前かかった風邪の菌がまだ気管支内に付いている事がわかりました。

そして抗菌剤を処方されて、それで本当に咳がおちついたのです。

 

15000円かけた甲斐があったなあと思ったものです。
咳は本当に体力を消耗します。

あなたもしっかり検査を受けて咳の正体を暴いてきてください。

 

こちらの記事もよく読まれています

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*