<スポンサーリンク>

爪半月がなくなるのって病気?半月の正体や病気の爪もご紹介

Pocket

今まであった爪半月(そうはんげつ)が無くなってる!

 

これは病気??

 

低血圧と関係があると言われるけど・・?

それとも異常じゃないの?

 

爪の半月がなくなっていたり少なくなっていると不安になりますよね。

あなたの爪半月がどうして消えたのか、これから以下の順番で詳しくお伝えします。

 

  • 爪の半月がなくなった理由とは!
  • 爪の半月で病気の兆候がわかる?
  • 爪の半月の正体は?
  • 正しいケアで爪を健康に

 

それでは詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

爪半月(そうはんげつ)がなくなった理由とは!?

ネイルケアをしている人ならご自分の爪の状態を良く解っていらっしゃるでしょう。

 

今まで普通に爪の半月があった人が驚くのが、半月が消えていること。

 

濃いマニキュアをしていると普段は半月の存在は分かりません。

マニキュアを変えようと色を落とし時に気が付くものですね。

 

ですのでこれは何も急になくなったのではありません。

爪の半月は何かの原因があって、少しずつ消えるのです。

 

何かの原因って、もしかして病気の兆候とか?

 

と、心配になります。

ではその答えも解説していきましょう。
452794

爪半月で病気の兆候がわかる?

今まであったものが消えるなんてやっぱりおかしい。

そう思うのも無理ないかもしれません。

しかし、まずは安心して下さい。

 

爪の半月がない=病気ではありません。

 

実は爪の半月というのは個人差の大きいものなのです。

はい、今まであったのがなくなったから心配なのですよね。

 

実はこれ、あなたの年齢や食生活の結果がほとんどなのです。

 

このところ忙しくて、テンヤものや外食が多かったのではありませんか?

栄養状態のバランスが悪くなると爪半月は消えてくるのです。

 

私はきちんと毎日栄養を考えた料理をしています!

 

わお☆それは失礼!

しかしそんな自信のある人にはもっと辛い現実をお伝えしなければなりません。

それは加齢による新陳代謝の衰えが出てきたと言えるからです!

 

はあ~・・それはショックだわあー

 

まあ、落ち込まないで、こういう時は前向きに考えましょう。

齢は誰でも取るものですからどうしようもありません。

 

なので、こんな時は「アンチエイジングをせよ」との体からの指令だと思うと良いですね。

アンチエイジングとは基本、生活習慣で老化を遅らせようというものです。

 

そのきっかけが早くつかめたことをラッキーと思いましょう。

 

そうしてあなたの年齢に相応しい栄養を摂り入れたり、生活リズムを変えたりすることが重要になります。

こうした行動でまた爪半月が現れることは期待できるでしょう。

 

そんな時はあなたのアンチエイジングが成功していると思って下さい。

先にもお伝えしたように月半月の現れ方は個人差がとても大きいもの。

子どもの時からない人もいるのです。

 

爪半月がある人とない人がいる、それは個人差です。

 

では爪の半月ってなぜあるのでしょうか?

正体を学ぶことで、納得していただきましょう。

Sponsored Links

爪の半月の正体は?

爪半月は正しくは「そうはんげつ」と呼びます。

 

爪半月は実はこれから伸びてくる爪の芽なのです。

 

伸びては切られる爪のスタート地点と思ってもいいでしょう。

爪の芽は水分量が多く、それが白く見えるのです。

爪も伸びるのが早い人と遅い人がいますね。

同じ人でも大人よりこども、冬より夏が一般的に爪の伸びは早いもの。

 

これは新陳代謝が影響しているからです。

 

妊婦さんは赤ちゃんに栄養をあげるために爪の伸びが遅くなるとも言われています。

先にもお伝えしたように、栄養が偏ったりすると、爪半月が消えるだけでなく爪の成長が落ちるのです。

そして、加齢は新陳代謝が落ちる事なので、今まであった人はそこも注目しましょうとなるわけです。

 

これで爪半月の正体、分かっていただけたでしょうか?

 

爪半月のあるなしは直接病気ではありませんでした。

しかし、爪そのものの異常は病気のサインかもしれないのでこれは記しておきましょう。

正しいケアで爪を健康に

ネイルサロンにしょっちゅう行ける人もそうはいません。

ここからはご家庭でもできる爪のケアの仕方をお伝えします。

自分の爪くらい自分で切りたいものです。

ではどういうものが正しい爪の切り方になるのでしょうか。

切り方

まず、切る時はお風呂の後がいいでしょう。

爪が柔らかくなっているので、足の指も切りやすいでしょう。

 

また、乾燥したままで切ると、裂けてしまう事があります。

爪切りは力をかけすぎないで使って下さい。

 

爪切りだけではなくヤスリも使いましょう。

形よく爪を仕上げたい時は効果的です。

 

どこまでも切ってしまうと深爪になりますね。

爪は指を保護するという役目があります。

 

切り過ぎないように爪先が1ミリほど指から出ているくらいが良いでしょう。

 

そして、角張ったところをヤスリで削ります。

 

削り過ぎにもご用心です。

 

そして、今までにもご紹介しましたが、栄養が偏ると爪にトラブルがおこります。

また、爪の誤ったケアで爪のトラブルが起こる事もあります。

それもご紹介しましょう。

 

甘皮を取る

見た目が悪いからと甘皮をせっせと取る方がいます。

甘皮は指と爪のつなぎ目を保護するためのものです。

これを取ると細菌が入りやすくなってしまうので、やめましょう。

 

除光液を頻繁に使う

おしゃれ女子なら、TPOでマニキュアを変えたいもの。

しかし、除光液の使い過ぎは爪の油分を取りすぎてしまう事になります。

爪も皮膚の一部です。

乾燥は大敵ですよ~~

 

さて、爪半月から始まった爪のレクチャーはこれで終わります。

ではこれまでのまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

ここでは爪の半月を暴いたついでに爪の正しいケアについてもお伝えしてきました。

・爪半月のないのは病気ではない
・爪半月は個人差が大きい
・今まであった爪半月が消えるのは加齢か、栄養不足
・爪の正しいケアは
指先に1ミリほど出るように切る
甘皮を取らない
除光液を使い過ぎない

いかがでしたか?

爪半月って本当にいろいろのようですね。

ちなみに私は親指と人差し指にだけあります。

若い子の方が月半月があるといいましたが、これも本当にいろいろです。

知人の1歳の赤ちゃんの爪を見せてもらったのですが、爪半月が全然ありませんでした。

しかし、爪の様子も他に症状がなければまず大丈夫なようです。

外側を磨くのも女子力アップのために欠かせないことです。

でも、爪も体も内側からきれいにすることを忘れないで下さいね。

おすすめ関連記事
メラノーマは初期なら完治できます!発見の仕方をご紹介!
爪の病気のサインは色と変形から?足の爪はさらに要注意!

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*