<スポンサーリンク>

バネ指の手術の時期はいつ?気になる手術後の回復と費用は?

Pocket

あれ?指がうまく伸びない?っていうか引っかかてる?

こういう事、前もあったけど、今回は何だか引っかかりが強いなあ・・

 

それ、バネ指の症状が進んだからではないでしょうか?

バネ指はひどくなると手術で治さなければなりません。

 

バネ指になってるあなたは指を良く使うお仕事をされているのでは?

ひどくなると仕事がつらくなってしまいますよ。

 

早く手を打ちましょう。

あなたのバネ指が手術をするべきものかここで調べることができます。

 

それを参考にしてバネ指の治療を進めてください。

今回あなたにお伝えしたいのはこちらの項目です

 

  • バネ指で手術を決める時期とは?
  • バネ指の手術の方法
  • バネ指の手術後の回復度は?
  • 気になる費用は?
  • いい医療機関の選び方

では詳しく見ていきます。

Sponsored Links

バネ指で手術を決める時期とは?

バネ指の始まりの症状は肩こりや手指の違和感です。

これが進んで朝の手のこわばり、指の痛みなどがだんだん強くなっています。

 

いつまでこの状態?

 

もう治らない?

 

気分が落ち込む日が増えていきます。

こうなったら手術で治しましょう。

こちらに手術をするべきタイミングを並べておきますね。

 

・発症から半年~数年が経過している

・痛みの間隔が狭くなっている

・バネ指の保存療法(マッサージ、ステロイド注射)をしたが良くならない

・生活や仕事に支障が出る

 

これらの症状では自然に治ることはないので、手術がおすすめになります。

手術手術って言われてもなんだか怖いですよね。

私は盲腸手術と扁桃腺手術と帝王切開したので、割と免疫がついてますが

手術は初めてという人もおられると思います。

安心できるようにバネ指の手術の流れをご紹介しておきましょう。

バネ指の手術の方法

バネ指のしくみはご存じでしょうか?

バネ指は指の腱(けん)を包む鞘(さや)に問題が起こる腱鞘炎(けんしょうえん)の仲間です。

 

この指にある鞘の中に炎症が起きて、内側がでこぼこになります。

鞘の中を通っている腱はこのでこぼこに引っかかってスムーズに動かなくなるという訳ですね。

 

この鞘の内側のでこぼこを取り除くという手術を整形外科で行います。

手術法としては

腱鞘切開術
掌をを1㎝ほど切開して腱鞘の内側のでこぼこを切除する

内視鏡術
掌を3㎜ほど切開して、内視鏡を通し、腱鞘内のでこぼこを切除する

があります。

手術の流れ
手術前の問診、検査終了後、局所麻酔をする
麻酔注射自体は痛いのですが、その前に痛み止めの注射をするので痛くない
術式は10分~15分程度で終了
その後安静も不要で帰宅できる

手術後
術後の経過を見るために週2~3日の通院がしばらく必要。
また体はどこでもそうですが、動かさないと動かなくなる。
そこで、手術の次の日からリハビリをする。

 

医療機関にもよりますが、次の日からお風呂は入れます。

傷口は刺激しないように、お風呂の中で指の曲げ伸ばしをします。

軽い手仕事はリハビリに適していますね。

安静にし過ぎないようにしましょう。

 

でも、これで本当に良くなるのか?

元通りに動くようになるのか?

 

あなたが不安なのは手術の後遺症や回復度ですよね。

これもこちらに解説してありますよ。

バネ指の手術後の回復度は?

どんな手術でも完全に回復するには時間がかかります。

 

しかも個人差があります。

 

中には手術したのに痛みが取れない、指が元の通りに動かない

と、これを後遺症とがっかりする人もおられるようです。

しかし、先にもお伝えしたようにリハビリを根気よく行う事で症状は良くなっていきます。

 

最短でもスムーズ感を得られるには6ヶ月かかるとみておきましょう。

痛みはその間、医療機関の痛み止めでコントロールしてもらえます。

また、手術までのバネ指期間が長かった人、症状が重い人も回復が遅れるでしょう。

バネ指では注射などの保存療法が治癒率30%前後に対し、手術では治癒率60%以上あります。

仕事への支障や痛みという不具合を解消するためにも手術は有効な手段といえるでしょう。

 

また、腱鞘切開術より内視鏡術の方が傷口が小さく治りは早まります。

しかし、内視鏡でのバネ指の手術を行っていない医療機関もあります。

 

受診する際にはこの事もチェックしておくと良いでしょう。

さて、ここまで来ると気になるのは手術費用ではないでしょうか?

 

日帰りと言っても手術は手術。

かなりかかるのでは?と心配にもなりますよね。

ではその心配も取り除きましょう。

Sponsored Links

気になる費用は?

バネ指はれっきとした病気なので健康保険対象になります。

これは腱鞘切開術も内視鏡術も同じです。

診療報酬としての腱鞘切開術の点数は2050点と決められています。

診療報酬点数に10をかけたものが患者さんの負担額です。

実費では20500円になるわけですね。

そして健康保険加入であれば、3割負担で7000円~8000円の負担額でOK になります。

ただ、内視鏡術になると使用する機器により、切開術より高額になることがあります。

しかし切開術と同額の医療機関もありますので、事前にチェックをしておきましょう。

また、あなたの入っている医療保険に日帰り手術が入っているかもしれません。

こちらも要チェックですね。

 

最後に良いお医者さんの選び方もご紹介しておきましょう。

手術は腕のいいお医者さんにしてもらいたいもの。

それを見極める目を磨いておくのは大切ですよ。

いい医療機関の選び方

バネ指の手術ができる所は整形外科のクリニック、総合病院、大学病院があります。

そこで医療機関を選ぶ基準はまず「通うのに便利」ではないでしょうか?

主婦の私も確かにそう思います。

 

しかしいざ手術となると少しアンテナを立てて下さい。

距離よりも見つめる点がありますよ。

 

家をリフォームする時も3軒は見積もりをだしてもらうといいと言います。

手術するには医療機関を見極めるために候補を何軒か出しておくと良いですね。

見極めるポイントはここです。

 

・あなたの症状を理解して説明してくれる

・手術方法を判りやすく説明してくれる

・手術のリスクを説明してくれる

・手術費用が明確

・手術後のケアも具体的にしてくれる

・手術実績が豊富

 

これから先何十年も使う指です。

しっかり治してもらうためにも納得できる医療機関を選びましょう。

 

バネ指の手術についての話はこれでおわります。

ここでまとめをしておきますね。

 

Sponsored Links

まとめ

今回はバネ指の手術について気になる事を解説してきました。

バネ指で手術を決める時期
発症から半年~数年が経過している
痛みの間隔が狭くなっている
バネ指の保存療法をしたが良くならない
生活や仕事に支障が出る

バネ指の手術の方法
腱鞘切開術
内視鏡術

バネ指の手術後の回復度は?
手術での完治率は約60%
リハビリの仕方、手術前の症状で回復は異なる

気になる費用は?
健康保険の3割負担で7000円~8000円
内視鏡手術はそれ以上になる場合も

いい医療機関の選び方のポイント
あなたの症状を理解して説明してくれる
手術方法を判りやすく説明してくれる
手術のリスクを説明してくれる
手術費用が明確
手術後のケアも具体的にしてくれる
手術実績が豊富

でした。

 

私も齢を重ねてからPCでキーボードを使うようになりました。

そして、指が痛くなった事もしばしば。

今のところバネ指の症状はありませんが、気をつけないといけないですよね。

あなたがいいお医者さんに巡り合えて最良の手術をうけられますように祈ってますよ。

よく読まれているおすすめ記事
腰痛を治すなら湿布とストレッチ!正しい姿勢も伝授します!
頭痛の種類を痛み方で判別!軽減法から危険な痛みまで解説!

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*