<スポンサーリンク>

こむら返りの治し方はストレッチとマグネシウム補給で完璧!

Pocket

夜中に突然起こる「こむら返り」!

 

涙が出るほど痛いですよねー(*_*;

 

これは、筋のけいれんで、足を使い過ぎた夜などに起こりやすいものです。

え?そんなことないのによく起こるって?

 

それは、あなたが働き者で足が慢性的に疲れているからかも。

さらに、忙しすぎて大事な栄養が不足しているからかもしれません。

 

その辺も調べながら、こむら返りの痛みを取っていきましょう。

今回は、その方法をご紹介しますよ。

 

今日のメニューはこちら

 

  • こむら返りの治し方はストレッチで
  • こむら返りの治し方はマグネシウムで
  • こむら返りを予防するには?
  • 病気のサインの場合がある?

では詳しく解説していきます。

Sponsored Links

こむら返りの治し方はストレッチで

こむら返りはどうして起きるのかって、実は医学的には良く分かっていないそうです。

 

それでもこの痛みが、筋肉がきゅって縮んだままになることで起こるのは分かっています。

 

 

夜中にこむら返りが起きた時、釣った足を見たことがありますか?

お肉の真空パックみたいに足がでこぼこになっているんです(゚д゚)!

 

 

まさしく筋肉が緊張しています!という具合です

 

この緊張をほぐすのは何と言ってもストレッチです。

 

究極の痛みの中でストレッチをするのは大変なこと、分かっています。

 

でも、これが一番痛みから早く抜け出す方法なのです。

 

がんばってやってみましょう

 

人間、痛いところがあれば瞬間的に痛いところをさすったりするもの。

でも、緊張している筋肉を和らげるにはその筋肉につながっている腱を刺激するのが有効です。

 

こむら返りの場所も人それぞれありますね。

そこで場所別のストレッチ方法をご紹介したいと思います。

ふくらはぎ

こむら返りの8割がふくらはぎで起こるというほど、こむら返りの多い場所です。
ストレッチ法

  1. つっている方の足の膝を軽く曲げる
  2. つっている足のつまさきを手で掴む
  3. 手前に引いて、つま先をそらせる
  4. アキレス腱が伸びているのを感じる
  5. そのままゆっくり膝を伸ばす
  6. この状態を10秒キープ
  7. 元に戻す
  8. 痛みが引くまで繰り返す

 

すね
すねは弁慶の泣き所・・なんて言われる場所です。
ここは筋肉がついているのか?と思うようなところですが釣った時は、超絶痛いもの

ストレッチ法

  1. 正座をする
  2. ゆっくり体を後ろに倒す
  3. 気持ちのいい所で止めてキープ
  4. 元に戻す
  5. 痛みが引くまで繰り返す

 

足の裏

土踏まずも比較的よくこむら返りが起こるところです
さわると腱がくっきり触れるほどになっています

ストレッチ法

  1. 足が反ってしまっている場合は足先を掴んでゆっくり元の位置に戻してキープ
  2. 反っていない場合はふくらはぎのストレッチと同じ手順でおこなう

ここで注意事項がひとつ。

早く痛みを止めようと思って強くやるのはやめて下さいね。

ひどくすると肉離れを起こしてしまいますから。

 

そしてこむら返りの起きた場所は温めるようにしましょう。

温めることで血流を良くして、筋肉の動きをよくします。

 

痛いからと冷やすのは逆効果になるのでやめて下さいね。

 

ストレッチをして痛みが引いたらホッとしますね。

そしたらまたゆっくりお休み下さい。

 

でも次の朝からはこむら返りの予防法を取り入れましょう。

今夜もまたあの痛みに襲われないとも限りませんから。

Sponsored Links

こむら返りの治し方はマグネシウムで

会社の運動会とか電車に乗り遅れそうになってダッシュしたとか

 

そういう夜にこむら返りが起こるのは一時的なものです。

 

しかし、こむら返りが頻繁に起きる人にはこんな特徴があったのです。

 

それは

 

 

ミネラルの不足

 

 

特にマグネシウムの不足がこむら返りに影響を与えているということが分かってきました。

 

忙しい現代人は外食が増え、偏食になりがちです。

手近で安い食事は総じてミネラルが低いもの。

 

そこで、意識してマグネシウムを摂るようにしましょう。

マグネシウムの多い食品は

海藻類・・わかめ・めかぶ・こんぶ

緑黄色野菜・・人参・ピーマン・ほうれん草

種子類・・ごま・クコの実

大豆製品・・味噌・豆腐

小魚・・しらす・こおなご

 

しかし、同じものばかり食べないで下さいね。

 

ミネラルはバランスが大切なものです。

 

 

マグネシウムはカルシウムと摂取することで力が発揮できます。

 

上記の食品で連想するのは日本食ではないでしょうか。

 

外食をする場合も日本食を意識するといいでしょう。

 

でもかつ丼とか天丼などの1品ものは避けて下さい。

サバの味噌煮定食みたいな品数が多いものがおすすめです。

 

でも、好き嫌いが多くてマグネシウムが取れないという人はサプリもいいでしょう。

 

おすすめサプリはこちら

  • コムラナイト(240粒入り 5800円)
  • DHCカルシウム/マグ(90粒入り 380円)
  • くむらくだ(150粒入り 7000円)

 

あ、ちょっと待って・・

マグネシウムさえ飲んでいればもう大丈夫!

と思うのは危険ですから早合点しないで下さいね。

 

あなたの日常にはこむら返りをしやすい習慣が潜んでいるかもしれません。

 

これも見直さないとマグネシウムが活躍できなくなってしまします。

一度周りを見渡してみましょう。
475858

こむら返りを予防するには

こむら返りを起こしやすい生活をしていないか確認してください。

運動不足ではありませんか?

運動不足で筋力が衰えていると筋肉がちょっとしたことで緊張しやすくなります

運動をすることで筋肉量を増やしましょう

お風呂が長くありませんか?

水分不足はミネラルも足りなくなっている状態です

長湯やサウナが好きな方は水分不足になっています

長湯の後は十分水分を補給してから寝ましょう

冷え性ではありませんか?

冷えている時の体は硬くなっています。

こうした状態が足の緊張を招きやすくしているのです

冷えないように注意しましょう。

お酒が好きですか?

飲酒はこむら返りの原因になる言われています

アルコールは体から水分を奪いやすいものです。

お酒を召し上がる時は飲んだ分以上の水を補給しておきましょう。

最近体重が増えていませんか?

女子には痛い質問ですよね。

しかし、肥満は足への負担が増し、血流も悪くなります。

また、脂肪の増加は冷えにもつながっています。

ダイエットを意識するといいかもしれませんね。

 

食事も日常生活も問題があると思えないけどなあ・・

そうしてもし、週に何度もこむら返りが起きるようになった

 

それがひと月も続くとなったらそれは病気のサインかもしれません。

 

どんなサインなのか見てみましょう。

病気のサインの場合がある?

病気の可能性があるとしてもこれで早めに見つけられたらラッキーと思いましょう。

可能性のある病気はこちら

糖尿病(とうにょうびょう)
血糖値が高い状態が続くと体内のミネラルバランスが崩れるのでこむら返りが起こりやすくなる
足がつる他、喉が乾きやすくなる

 

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)
足の動脈硬化が進むと足の血流が悪くなりこむら返りが起こりやすくなる
こむら返りの他に足がしびれる症状も出る

 

脊柱管狭窄症(せきちゅうかんきょうさくしょう)
神経を圧迫することでこむら返りが起こると考えられる

 

これら病気の疑いのある場合は他にも症状が出ていることが多いものです。

いつもと違う事が感じられたら迷わず医療機関で診てもらいましょう。

 

こむら返りの治し方と予防の話はこれでおわりです。

ここでまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回はあなたを悩ますこむら返りについて解説してきました。

このまとめで復習してみて下さいね。

こむら返りの治し方ストレッチ

  • ふくらはぎ
    足先を手前に引いて伸ばす
  • すね
    正座をして体を後ろに倒す
  • 足の裏
    反っている時は手でつかんでゆっくり元に戻す

こむら返りの治し方マグネシウム補給で

  • マグネシウムの多い食品を摂る
  • 海藻類・緑黄色野菜・種子類・小魚

こむら返りを予防するには

  • 運動をする
  • 水分を摂る
  • 冷えないようにする
  • 体重を増やし過ぎない

病気のサインの場合がある
週に数回、ひと月以上続いたら病気の可能性あり
考えられる病気

  • 糖尿病
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 脊柱管狭窄症

そして、他の症状もある場合は医療機関へ

 

でした。

以前、腸内運動会でリレーに駆り出されたことがありました。

もうホント、何年も走ったことのない50代ですからね。

その夜来ましたよ。

両方のすねがピキーンと!

両足同時ですよ!!

痛くて痛くて喉はカラカラ、冷や汗たらたらでした。

その時思わずやったのが、お風呂の残り湯に足をつけること。

まだお湯が温かかったので、しだいに痛みは収まりました。

これも運動不足が原因ということでしょう(^^;

あなたはこんな事にならないようにして下さいね。

そして祈っています。

あなたが今夜安らかに眠れますように!

おすすめ関連記事

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*