<スポンサーリンク>

便が細いのは大腸がんの前触れ?原因は食生活とストレスか?

Pocket

便秘がちなのは承知しているから、今日出たのはまだいいんだけどね。

そういう割に浮かない顔をしているのはどうしたのかな?

 

今まで見たことのないようなウンチだったから変だなって・・

今まで見たことのないようなウンチってどんな?

なんか鉛筆みたいに細いのがにゅうって・・
こういうの大腸がんの前触れとかって言わない?

それで浮かない顔だったのね。

 

でも心配しないで。細いウンチ即大腸がんとは限らないから。

その説明を今からしますから、しっかり読んでみてね。

あなたの浮かない顔がきっと笑顔になりますよ。

 

そこで今回はこの項目で解説することにしました。

  • 便が細いのは大腸がんの前触れ?
  • 便が細くなる原因は食生活?
  • 便が細くなる原因はストレス?
  • こんな時は検査を受けて!

では詳しい話を始めましょう。

Sponsored Links

便が細いのは大腸がん?

便はバナナのような形状で2本出ると快調なしるしと言われています。

確かに太めの便が出た時はすっきりしますよね。

でも便は腸の具合でいろいろな状態になります。

 

便秘がひどいとコロコロのうさぎみたいなウンチ。

また、ひどい下痢の時はお水のようだったりします。

 

それを考えると、細い便も腸の具合によるもの・・とは考えられますね。

でも便秘や下痢の原因もさまざまあるでしょう?

食生活の悪さとか風邪なんかでも腸は弱ります。

 

つまり細い便も原因は一つではないという事です。

 

しかし大腸がんは国内のがんでは死亡率の高いがんです。

気をつけることに越したことはありません。

 

そこで消去法を使って、あなたの細い便が大腸がんの前触れかどうか確かめてみましょう。

ではまず大腸がん以外で便が細くなる原因には何があるのかをご説明します。

 

例えば、あなた、こんな食生活していませんか?

便が細くなる原因は食生活?

便が細い時は量も少なく、柔らかいものが多いものです。

そして便秘の自覚があります。

その原因として考えられるものは

食事量が少ない

ダイエットなどで必要以上に食事量が少ないと便の材料が不足します。

その結果、便秘が現れることになります。

 

腸は便が作れないので、太いウンチも出ないという事になるのです。

食べないだけの極端なダイエットをしていませんか?

食物繊維が足りない

食物繊維が腸に有効なのはずいぶんと有名になってきました。

私の小さい頃は「食物繊維は何の役にも立たない」と言われていたのですよ。

 

この食物繊維は腸を掃除してウンチを肛門まで進ませるのに欠かせない存在です。

例えば、ラーメンライスとか焼肉の食べ放題ばかりだと食物繊維は不足しています。

こうした食生活が続くと便は腸をうまく進むことができずに便秘になるのです。

食物繊維の多い食品は

海藻類・きのこ類・豆類・芋類、ドライフルーツ

です。

 

ドライフルーツのように干したものは食物繊維が多く含まれます。

家庭で干し野菜を作ることが流行ったことがありましたね。

当時流行に乗ったけど、止めちゃったと言う場合はぜひ復活させてみて下さい。

脂質が少ない

脂質と聞いただけで身構えてしまう人もいるかもしれませんね。

確かに脂質が多くて健康を害することも多い現代です。

 

しかし、脂質もなくては困る成分です。

女性の肌トラブルは水分不足より脂質不足も深刻と言います。

それは腸も同じ。

 

腸に脂質が不足すると便がうまく固まらなくなります。

そして細いウンチしか作れなくなってしまうという事です。

ダイエットのためと油を制限し過ぎていませんか?

水分が多すぎる

生き物になくてはならない水分。

でもこの水分も多すぎると体にマイナスになります。

 

人の生活にも恵みの雨は歓迎だけどゲリラ豪雨は災害につながりますからね。

細い便には通常の便より水分が多いという事がわかっています。

何ごとも過ぎるのは良くないということですね。

痔がある

痔は肛門の近くにあらわれるトラブルです。

便秘や下痢が続くことでも痔はおこります。

 

また、辛ーいものの食べ過ぎでも痔になることはありますよね。

 

痔になると肛門まわりは炎症を起こして腫れてしまいます。

この腫れが便の通行を邪魔して細くしていることがあるのです。

あなたのお尻は大丈夫ですか?

これらは食生活を見直すことで改善できます。

しかし、便のが細くなる原因にはもうひとつ重要なものがあります。

これも現代人ならではのものといえます。

 

あ、もう何かわかりましたか?

 

そう、それはストレス。

今度はそのしくみを解説しましょう。

Sponsored Links

便が細くなる原因はストレス?

現代人のほとんどが抱えているストレスはいろいろな面で健康トラブルを引き起します。

特に胃腸はストレス攻撃に弱い臓器です。

 

厄介な問題にぶつかった時に胃が痛くなったという記憶がありませんか?

 

胃と共に腸もストレスの攻撃でダメージを大きく受ける臓器です。

ストレスは自律神経を狂わせるチカラを持っています。

なので自律神経の命令で動いている胃腸はストレスに弱いのです。

 

自律神経が狂うと腸も正常な動きができません。

その結果、便秘になったり下痢になったり、通常の便が作れなくなったりします。

その中で便が細くなってしまうことがあるのです。

 

こんな時は検査をしても腸に病的な変化が見られません。

そしてこうした症状は過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)と診断されたりします。

どうですか?

 

思い当たることはありましたか?

 

これらの症状は生活の中で改善できる可能性が大いにありますよね。

しかし、中には本当に心配な病気が隠れている場合があります。

 

そんな時にはためらわず医療機関で検査を受けて下さい。

でも、どこでどんな検査を受けるか分らないのは不安なもの。

次の解説でその不安も消しちゃいますよ。

こんな時はここで検査を受けて!

検査を受けるタイミングはこんな症状のある時です。

便が細い状態が一週間以上連続している

下痢や便秘を交互に繰り返す

明らかな血便がある

 

また、疲れやすくなった、胃腸が重い感じがすることが重なっている時も注意が必要です。

大腸がんの検査は検査機器の備えてある、総合病院の内科、あるいは消化器科で受けて下さい。

検査の内容

便潜血検査(べんせんけつけんさ)
いわゆる検便綿棒サイズの検査棒で便をこすり取り、二日分を提出します

便に含まれた目に見えない血液の判別のために行われます

直腸診(ちょくちょうしん)
医師が直接肛門に手指を入れて肛門の様子を調べるます

注腸造影検査(ちゅうちょうぞうえいけんさ)
胃がんの検診はバリウムを飲みますね。

腸の場合は直腸、つまりお尻からバリウムを入れてX線撮影をします。

これは前日からの食事制限がありますが、お尻を触られることはありません。

大腸内視鏡検査(だいちょうないしきょうけんさ)
胃カメラの大腸版ですね。

カメラのついた管を肛門から入れ、盲腸のあたりまで診ます。

モニタから目視で病変を見つけることができます。

 

気になる箇所は病変を少し切り取り精密検査をします。

小さなポリープはその場で切除して治療もできます。

 

また、大腸がん以外の病変も発見できます。

今は技術が進み、大腸内視鏡の検査も痛みが少なくなってきているようです。

また、軽い麻酔も使用できるので、痛みを心配することはありません。

 

こちらも検査前は食事制限があります。

大腸がんの検査は自治体の支援もあったりして広まってきました。

40歳を過ぎたら「大腸がん年齢」と思って、年一回の検査を受ける事をお勧めします。

 

便が細いと心配なあなたにお伝えしたかった話は以上です。

安心できたでしょうか?

ではここでのまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

今回は便が細いのは大腸がんなのか心配なあなたに向けて解説をしてみました。

便が細いのは大腸がん?
便が細くなるのは大腸がんの前触れだけではない

便が細くなる原因は食生活
食事量が少ない
食物繊維が足りない
脂質が少ない
水分が多すぎる
痔がある

便が細くなる原因はストレス
ストレスが自律神経に作用するために腸の活動が異状になる
過敏性腸症候群と診断されることも

こんな時は検査を
便が細い状態が一週間以上連続している
下痢や便秘を交互に繰り返す
明らかな血便がある

(検査の種類)
便潜血検査
直腸診
注腸造影検査
大腸内視鏡検査

 

でした。

 

情報が溢れている現代ではどれを信じていいか分からなくなりますよね。

でも便が細くてもすぐ大腸がんとは言えないという事は確かです。

肝心なことはあなたが体からのSOSをキャッチするということ。

いつもとはどうも違う・・そうした受信アンテナが誰にも備わっていますから。

その自分を守る信号を一番に信じて、心配な時は迷わず医療機関に相談しましょう。

あなたを守るのはあなた!という事を忘れないで下さいね。

おすすめ関連記事
便秘の腰痛で右側が辛い!治し方は筋肉痛と自律神経で2通り
みかんの食べ過ぎは太る?ダイエットどころか下痢になる!

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*