<スポンサーリンク>

血管迷走神経反射はどうして失神するのか?治し方はあるの?

Pocket

先日予防接種のために病院へ行って、何年かぶりに注射器のお世話になったんです。

注射苦手だけど、予防接種は受けなきゃならなくてね。

 

そうしたら、針を打たれた時に急に血の気が引いてどうやら気を失ってしまったらしいんです。

気が付いたら看護師さんが「血管迷走神経反射(けっかんめいそうしんけいはんしゃ)だろう」って言いました。

 

その時は倒れたのが恥ずかしくて詳しい説明を聞かずに帰ってきてしまったんですね。

だけどあとから心配になって、いろいろ調べてみたのです。

 

そしたらけっこう私のような人がいてびっくり!

 

他にも同じような人がいたら助けになるかもしれません。

私の調べたことをあなたにもシェアしたいと思います。

その話はこんな順でお伝えします。

  • 血管迷走神経反射で失神するわけ
  • 血管迷走神経反の原因は?
  • 血管迷走神経反射は予防できるか?
  • 血管迷走神経反射は何科で治療?

では詳しい話を始めます。

Sponsored Links

血管迷走神経反射で失神するわけ

血管迷走神経反射って体の中で何が起こっている状態なのでしょうか?

まず血管迷走神経のことを説明しますね。

 

この神経は自律神経の仲間です。

 

自律神経は血圧を始め心臓や消化器などの生命維持装置に指令を出している神経です。

自律神経は交感神経と副交感神経があるのですが、この神経は副交感神経寄りに関係します

 

血圧を上げるのが交感神経

 

血圧を下げるのが副交感神経

 

といえば判りやすいでしょうか?

しかしこの自律神経はストレスにとても弱いという特徴があります。

 

ストレスというとなんか人間関係の悩みを想像してしまいますね。

でもここで問題の迷走神経はほんの小さなストレスに反応してしまう事があるのです。

私のように注射針を刺した時や排便などといったありふれたストレスで!

 

この状態が血管迷走神経反射というものなのです。

 

副交感神経は血圧なら下げる働きをします。

血圧は急に下がることで脳の血流が一気に少なくなります。

 

こうなると私たちは失神してしまうのです。

 

しかし、倒れて横になることで血流は元通りになり意識はすぐに回復します。

でもこの血管迷走神経反射は排便でも起こると言いました。

 

そんなことで起きてはホント困りますよね。

 

さらに他にもいろいろ要因はあるようです。

防ぐことのできるものもあるので、血管迷走神経反射の原因をあげておきます。

血管迷走神経反の原因は?

血管迷走神経反射は物理的なストレスで起きることが多いようです。

空腹・脱水
おなかが空いているのはストレスですよね。
血管迷走神経はおなかにも存在しているので影響を受けやすいのでしょう。

満員電車
人いきれや圧迫感が迷走神経を刺激すると思われます。

下痢
おなかが刺激されると同時に痛みがあるのが要因のようです。

注射
瞬間的な痛みも迷走神経を刺激します。

恐怖
血や怖いものがある人にはこれらを見る事のショックで迷走神経が刺激されてしまいます。

過労
睡眠不足などで体が弱っている場合は自律神経のバランスが崩れます。
この時、副交感神経系の迷走神経が優位になると血圧が下がってしまいます。

 

朝礼で生徒が倒れることがありますね。

 

あれは空腹で長時間立っていることで起こった血管迷走神経反射と言われています。

出かける時は朝ごはんは食べていかなきゃ・・ですね。

 

失神なんて特に人前ではやっぱり恥ずかしいです。

しかしそれよりも倒れた時に頭を打ったりすることが一大事につながります。

 

だから血管迷走神経反射は起こしたくありません。

と、いうことでこうした予防策もきっちり調べましたよ。

Sponsored Links

血管迷走神経反射は予防できるか?

血管迷走神経反射はなる人もいるし、ならない人もいます。

学校の朝礼で倒れる子もいつも同じでした。

 

倒れるとみんなの注目を浴びるので私も倒れてみたいものだ・・なんて思ったことがありました。

でも学校時代で倒れたことは一度もありませんでしたー

 

そういう事で、これは体質なのかもしれませんね。

でもだからと言って失神を起こすのはよくありません。

 

先ほども言ったように倒れることで命の危険もあります。

 

しかし反射自体は自律神経のする事なので全くなくすのは難しいようです。

でも、失神の予防はできます。

 

失神は前触れがあるので、それをキャッチしてせめて失神は起こさないようにしましょう。

食事をきちんと摂る

前の項でもお話ししましたが、朝ご飯を抜くのは迷走神経の反射を起こりやすくします。

また、脱水も危険なので水分補給も忘れずにいましょう。

同じ姿勢で長くいない

失神は立ったままの時が多いのですが、座ったままでも起こります。

前触れを知る

こんな症状が現れたら迷走神経反射が起きていると思われます。

  • おなかに不快感が出る
  • 吐き気がする
  • 目の前が暗くなってくる
  • 冷や汗が出てくる
  • 顔色が悪くなる

 

私もあの時は妙におなかがしくしくしていた記憶があります。

痛いっていう感じよりはきゅーって締め付けられるような・・

 

そこでこれらを自覚したらすみやかに横になりましょう。

また、足を高くすることで脳への血流不足を防げます。

 

そして、横になっていればこのような反射が起きても、脳の血流は保たれているので失神しません。

 

しかし、頻繁にこのような失神がおこるのであれば、違う病気が隠れているかもしれません。

こんな場合には医療機関にかかりましょう。

 

でも失神って何科の領域なんでしょう?

それも調査済みなので紹介しますよ。

血管迷走神経反射は何科で治療?

現代は診療科目がたくさんあって、どこに行けばいいか悩みますよね。

でも、失神は神経科あるいは神経内科の領域になります。

大きな病院では失神外来というところもあります。

 

ではここではどのような検査や治療がおこなわれるのでしょうか?

まずは心電図などの検査機器で心臓や血流の検査をします。

あまりにも頻繁に失神が起こる人に対してはペースメーカなどの埋め込みも検討されます。

 

しかし、血管迷走神経反射には処方する薬がなく、予防のカウンセリングが主となるようです。

 

また、精神的なストレスが原因の場合は心療内科や精神科での治療を勧められるでしょう。

 

そして、この血管迷走神経反射は年と共に自然に良くなる場合もあるようです。

神経が鈍くなるんでしょうか(うそですよー)

 

でもこれは血管迷走神経反射の失神に困っている人には朗報になりますよね!

 

医療は毎日進歩しています。

新しい方法も見つかる可能性はあります。

こうした症状もひとつの個性として見ていって下さいね。

 

血管迷走神経反射について私が調べたことは以上です。

この調査があなたを安心させたならとても嬉しいです。

ここでまとめをしておきますね。

Sponsored Links

まとめ

血管迷走神経反射の失神者は失神する人の2割といいます。

でも、苦しんでいる人の為になればとこれを記事にしました。

血管迷走神経反射で失神するわけ
迷走神経は副交感神経系の自律神経の仲間
副交感神経が刺激されることで血圧が下がり、失神がおこる

血管迷走神経反射の原因は
空腹・脱水
満員電車
注射
恐怖
過労

血管迷走神経反射は予防できるか?
原因を遠ざけることで失神は予防できる
横になっている時は脳への血流が保たれているので失神しない

血管迷走神経反射は何科で治療?
神経科または神経内科
あるいは心療内科や精神科に紹介されることも
治療の主体は予防のカウンセリング
失神の頻度が高い人にはペースメーカーも検討される

でした。

 

私も予防注射は今回だけではないのに失神してしまったことについて考えました。

どうやら前日にだんなとケンカしたことが一因のようです。

朝になっても怒っていたので朝ごはんをいいかげんにしたんですねー

これからはけんかをしても朝ごはんはきちんと食べて出勤したいと思います(^_^;)

あなたも出かける時は特に体調を万全にしていって下さいね。

よく読まれている記事
怒りのコントロールができない!?あなたを救う2つの方法!
救急車を呼ぶ前にする12の基準とは?正確な連絡方法も伝授

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*