<スポンサーリンク>

血圧を下げる食べ物と飲み物は何?トクホの決定版はこれだ!

Pocket

親が高血圧だから自分も血圧高めなんだよねー

今のところ自覚症状はないけどこの先心配・・

 

そうそう、心配なのはこれからです。

 

血圧は年齢とともに上がる場合もあります。

高血圧にハマらないうちに食生活でなんとかしましょう。

 

そう、食べ物や飲み物で血圧は下げることができるのです。

それを今からお教えしましょう。

 

習慣付けると血圧を上げることがなくなりますよ(^_-)

 

あと、話題の機能性食品もご紹介しますので乞うご期待!

今回はこの順番でお伝えしますね。

 

  • 血圧を下げる食べ物はなに?
  • 血圧を下げる飲み物もあります
  • 血圧を下げるトクホのおすすめは?
  • 血圧を上げない生活とは?

 

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

血圧を下げる食べ物はなに?

私たちの体を作る素はなんと言っても食べ物です。

今のあなたの体は半年前の食べ物の成分で作られているそうですよ。

 

それぞれの場所でそれぞれの成分が活躍しています。

 

当然血圧を下げる成分もあります。

そこで血圧を下げる成分の入った食べ物を列挙しますね。

 

たまねぎ

ビタミンPや硫化アリルといった成分が血液をさらさらにします

血液がさらさらになると流れやすくなるので血圧は下がります

 

パセリ

血圧を下げる王様のカリウムが野菜の中でダントツ

たくさん食べられない?

お料理のツマとしてだけ使っていませんか?

いつものサラダに、卵焼きに、ハンバーグだねに、味噌汁に活躍しますよ。

 

トマト

リコピンがサラサラ血にするのはもはや常識

カリウムもビタミンも誇れる野菜です

 

セロリ

血圧下げの味方カリウムの他、ベータカロテンとビタミン群が豊富

ニオイがダメという方は焼きセロリがおすすめ

焼くことでさらなる血圧を下げる効果があるという結果が出ています

 

アボカド

果物は全般にカリウム豊富ですがアボカドはその中でも含有量がダントツ

さらに良質の油オレイン酸が入っているので血圧を下げます

 

バナナ

手軽に量を食べることができるバナナはカリウム摂取にバッチリ

便通も整えて腸内環境から、血流も改善します

 

大豆製品

たんぱく質は血管修復のかぎになるので血圧には非常に重要

中でも納豆はナットーキナーゼが血液をさらさらにして血圧を下げてくれます

効果が高いため、高血圧の薬を飲んでいる人は避けた方がいいほど

 

ヨーグルト

乳製品の中ではヨーグルトを推薦します

血管を修復するエスチラチンが高血圧を予防します

もちろんたんぱく質も血管を支えます

 

青魚

EPADHAが高血圧に最適なのはもうかなり有名では?

良質な油だけではなくたんぱく質も摂れるのが魅力です

 

チョコレート

ただし、カカオ含有量の多いものを選んで下さい

ホワイトチョコレートもミルクチョコレートも避けます

ブラックチョコレートでポリフェノール摂取を目指しましょう

ホッとできるおやつとして気持ちからも血圧が下がります

 

バナナやチョコレートはともかく、食材はやっぱり料理しないといけないでしょ?

そうそう、忙しい時にはめんどうですよね。

 

バナナばっかり食べるのも飽きるし、チョコだってそうは食べられないよ・・

と、いう事で簡単に飲めるものでも血圧を下げるものをご紹介しましょう。

これも一気にお伝えします!

Sponsored Links

血圧を下げる飲み物もあります

飲み物は習慣にしやすいのが良いですよね。

休憩ごとにハイ一杯・・みたいに(^_-)

 

日本茶

わざわざ言わなくてもみんな飲んでますって?

でも日本茶のカテキンが血圧を下げるってことはご存知でしたか?

休憩の時間はウーロン茶より麦茶より日本茶を飲みましょう

 

杜仲茶

杜仲とは血圧を下げる漢方の名前

最近は手に入りやすくなっているのでお試しあれ

 

コーヒー

初めは薬として飲まれていたコーヒーには健康を支える成分がいっぱい

ポリフェノールを始めとしたさまざまな成分が血圧を下げることが分かっています

また、一日に4杯以上が推奨されています

トイレが近くなる利尿作用も血圧を下げることに役立っているんですよ

 

トマトジュース

リコピンは血流をよくする成分でしたね

ただ、塩を入れて飲むのはやめて下さい

塩分は血圧を上げる方向にしますから

 

飲み物?

ハイ、飲み物にしちゃいましょ。

スプーン一杯のお酢は血液サラサラに貢献します

酢の成分酢酸は血管をしなやかにして血圧を下げてくれるのです

もちろん毎日のお料理にどんどん使ってください

 

ミネラルウォーター

硬水を選んで下さい

硬水はミネラル豊富で心肺機能を上げ、血流を改善します

水分補給は血圧上昇を抑えるポイントです

一日1リットル以上は飲みましょう

ただし一気はダメです

ちびちびやって下さい

 

ワイン

ポリフェノールを含んだ赤ワインは血圧を上げる効果があります

しかしこれはあくまでもほどほどに飲んだ場合です

アルコール度は高いので注意して下さいね

 

これらの血圧を下げる飲み物、いつも飲んでいるものかもしれませんね。

血圧を意識してこれからも上手に召し上がって下さい。

528116

でも、もう少し血圧に特化したものはないのかな?

少しでも早く効果が出したいのですね?

 

それではこんなトクホ製品や機能性食品はいかがですか?

血圧を下げるトクホのおすすめは?

トクホや機能性食品はより効果的に血圧を下げる成分を摂れることが期待ができます。

好き嫌いがあってなかなか食べ物で良い成分が摂れないというあなたにはこれですね。

カルピス酸乳 アミールS
お店で購入できるのは高得点
糖分不使用でカロリーを気にする事はありません
しかし、あくまでも飲料です
今から健康診断という朝に飲んでも効果は出ません

サントリー胡麻麦茶
麦茶が飲みたいならこれ
毎日続けることで血圧が下がることが実証されています

ヤクルトプレティオ
GAVAがトクホで承認されたのはプレティオが初
ヤクルトレディに届けてもらう事で毎日の習慣にできそうです

ペプチドお味噌汁
ヤマキから出ているフリーズドライのお味噌汁
毎日一杯を続けることで血圧を下げることができます

毎日海菜 海苔ペプチド
白子のりから出ているお湯や水で溶かして飲むタイプのトクホ
妊娠中の人は飲まないように

 

でもここで注意があります。

 

いくら食べ物に配慮しても効果が出ないことがあるのです。

それはあなたの生活習慣が血圧をあげている場合です。

 

生活の中からも血圧を下げることをしましょう!

 

私がそんな生活してるというの!?

ほらほら、そうやって怒ることも血圧を上げるんですよ。

 

おちついて次のことをやってみて下さい。

血圧を上げない生活とは?

知らず知らずにしていることって多いものです。

それを少し修正するだけで血圧は下がるのですよ。

例えばこんなこと

塩分を減らす

味の濃いお料理が好きですか?

塩分が多いと血管が痛むと言われています

血管が痛むと血流が悪くなり、血圧が上がることになります

塩分は控えめにしましょう

運動をする

ジョギングなどの有酸素運動をすると心肺機能が高まります

心肺機能が高まると血流が改善して血圧の上昇を防ぎます

また、肥満の防止にもなりますね

肥満はそれだけで血圧を上げる要因になるからです

十分な睡眠をとる

十分な睡眠はストレスを解消してくれます

睡眠中は血圧が低くなるので、この時間を長くすることで血管を休ませることができます

熱いお風呂に入らない

熱いお風呂は血圧を上昇させるものです

また、入浴前や後におきる血圧の急な変化は血管を痛めます

お風呂場と脱衣所の温度差は小さくしておきましょう

 

いかがでしたか?

今回は血圧を下げる食べ物の話を中心にお伝えしてきました。

ここでまとめをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

血圧を下げる食べ物と飲み物のおさらいです

血圧を下げる食べ物
玉ねぎ・パセリ・トマト・セロリ・アボカド・バナナ
青魚・大豆製品・ヨーグルト・チョコレート

血圧を下げる飲み物
日本茶・杜仲茶・コーヒー・トマトジュース
酢・トマトジュース・ミネラルウォーター・赤ワイン

血圧を下げるトクホ
カルピス酸乳 アミールS
サントリー胡麻麦茶
ヤクルトプレティオ
ペプチドお味噌汁
毎日海菜 海苔ペプチド

血圧を上げない生活
塩分を摂り過ぎない
有酸素運動をする
十分な睡眠をとる
熱いお風呂に入らない

でした。

 

世の中には病院に行っただけでも血圧が上がってしまう人が結構いるそうです。

これを「白衣高血圧」なんて言うそうです。

ですから、病院で測るあなたの血圧もいつもより割り増ししているかもしれません。

それで血圧の下がる薬などもらったら困りますよね。

 

そうならないためにも普段から血圧の上がらない食生活をしていきましょう。

血圧を下げる食べ物や飲み物、忘れたらまた確認しに来てくださいね。

おすすめ関連記事
動脈硬化は改善できる!食事の見直しで血管年齢を若くする!
中性脂肪を下げる食べ物は何?食べ方や生活習慣でも下がる?

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*