<スポンサーリンク>

知覚過敏の治療は歯医者で?自宅で治すならこのハミガキで!

Pocket

夏でも冬でも風呂上りはアイスだよねー

ってあむって食べたら歯がキーン!

 

しみたー!

 

虫歯になっちゃったのかあ!?

 

まあまあ、おちついて

アイスを一年中食べてりゃ虫歯も疑いたくなりますよね。

 

でもね、それは知覚過敏の可能性も大いにありますよ。

 

痛かった歯をスプーンで軽く叩いてみて下さい。

叩いて痛くなかったら虫歯ではありません。

 

それは知覚過敏だと思われますね。

 

でも、この先毎日アイス食べるたびにキーンとするのは避けたいもの!

という事で、今回はその知覚過敏の治し方について解説してみようと思います。

 

その解説の項目はこちら

  • 知覚過敏の治療は歯医者でする?
  • 知覚過敏の治療を自宅でするには
  • 知覚過敏の治療費は?
  • 知覚過敏の原因は?
  • セルフケアで予防!

では詳しく見ていきましょう。

Sponsored Links

知覚過敏の治療は歯医者でする?

知覚過敏の治療は歯医者さんでするのが早くて確実でしょう。

早い人は1日の治療で完了します。

一体どんな治療をしているのでしょうね。

 

気になります。

 

歯の表面はエナメル質といいますが、この下には象牙質(ぞうげしつ)があります。

そしてこの象牙質には神経に続くちいさな溝がたくさんあるのです。

 

エナメル質はこの溝を守っているということですね。

 

しかしこのエナメル質が何らかの原因で削れることがあります。

エナメル質が削れると神経に通じた溝がむき出しになってしまいます。

 

すると冷たいなどの刺激が神経に当たります。

 

そしてあのキーンとした痛みを感じる・・という事になります。

そこで、歯医者では削れたエナメル質の代わりになるもので象牙質を守るという治療がなされます。

そんな治療方法はこれ

 

薬液を塗る

フッ素製剤などの薬液をむき出しになってしま象牙質塗ります。

 

薬液は歯医者ごとに数種類あるようです。

あなたの歯の質を見て歯医者さんが最適なものを選んでくれます。

 

これは1度の治療で症状が収まる人もいます。

 

しかし、塗り重ねた方が良い場合もあります。

ただ、塗るものなので、歯磨きや食事などでやがて薬は取れてしまいます。

 

なので知覚過敏が再発する可能性もある治療です。

 

カバーをする

知覚過敏を起こしている箇所にカバーをする治療です。

カバーと言っても何かをはめ込むわけではありません。

コーティング剤を塗って、むき出しになったところを固めるという処置です。

薬液を塗るより剥がれにくいのが特徴です。

しかしこれもコーティング剤が剥がれれば症状は再発の可能性があります。

 

詰め物をする

知覚過敏は歯茎の境目などのくぼみに起こることもよくあります。

そんな時はくぼみを埋めるために詰め物をします。

こうする事で歯のでこぼこも減り、歯磨きがしやすくなることもあります。

 

レーザーを使う

歯にレーザー?こわいー

つい思ってしまいますよね。

 

しかしレーザーには過敏になっている神経を抑える働きがあります。

冷たい刺激の反応が鈍くなるという事ですね。

さらにレーザーには歯を固くするという作用もあるので予防につながります。

 

マウスピースを作る

後に原因の項でも説明しますが、歯ぎしりがエナメル質を削っている場合があります。

この場合はマウスピースを作ってこれ以上エナメル質を削らないようにします。

 

歯周病を治す

歯周病になると歯茎が下がったりして象牙質があらわになってしまう事になります。

そんな時は歯周病を治して歯茎の状態を回復させることを目指します。

歯茎はいつもキュッとしめた状態にしたいですね。

 

神経を抜く

これらの治療を進めても効果がない、痛みがひどい場合は最終手段として神経を抜きます。

しかし神経を抜いた歯は弱い歯になってしまうので、できるだけ避けたい処置ですね。

 

歯医者に行くのがいいのは分かるけど、虫歯じゃないならうちで治せないかな?

 

そんな疑問もわきますね。

予約とったりするのも面倒ですしね。

 

私も電話するのが苦手でいつも歯医者は手遅れになってしまいます(^_^;)

 

そんなあなたに、うちでできる知覚過敏の治し方をご紹介しましょう。

531693

知覚過敏の治療を自宅でするには

細菌ではテレビのCMでも知覚過敏用のハミガキのことをよく見聴きしますよね。

これらのハミガキには歯医者で塗る薬液の効果があります。

 

シュミテクト(90g430円~650円)

知覚過敏といえばシュミテクトとして多くの人がご存じではないかと思います。

名前が物語っていますよね。舌足らずな感じもまたインパクトがあって・・

これにはフッ素も配合されており歯の再石灰を目指すことで予防にも役立つようです。

ホワイトニング効果や歯周ケア効果もあるタイプがあるので、あなたに合ったものが選べます。

 

デントヘルス(90g720円)

レーザーと同じく、神経の過敏を和らげる効果を持っています。

また、象牙質の溝を埋めて刺激から歯を守ってくれます。

 

オーラルケアホームジェル(300g2080円)

フッ素コーティング剤のひとつです。

普段のハミガキの後にこのジェルで軽く歯を磨くことでフッ素を塗り込みます。

フッ素を重ねることで知覚過敏を起こしている歯を強くしていきます。

あ、このジェルで歯を磨いた後はうがいしないで下さいね。

 

知覚過敏は家庭でできればお医者に行く時間とお財布が助かりますよね。

 

でもね、このハミガキを使っているからもう安心

なんて思わないで下さい。

 

あなたの知覚過敏の本当の原因を知っておかないとまたすぐキーンとなってしまいますよ。

それを防ぐための方法もここで知っておきましょう。

Sponsored Links

知覚過敏の原因は?

知覚過敏をおこすのは痛みを感じやすい象牙質がむき出しになるからでした。

 

どうしてむき出しになってしまうのか?

 

その原因はいろいろあるのです。

あなたの原因を突き止めて知覚過敏の予防にして下さい。

 

強い歯磨き

きれいに磨こうと思って力任せに歯ブラシを歯にこすりつける人がいます。

これは歯を傷つける行為に他なりません。

研磨剤の入ったハミガキで強くこすると歯は傷ついてしまします。

傷ついた先には象牙質があることを覚えておいて下さい

 

歯周病・虫歯

歯周病は歯と歯茎の間に細菌がはびこっておこります。

 

痛みを出したり、歯茎を下げたりします。

 

この歯茎を下げる事が象牙質をむき出しにする原因になっているのです。

これはそのまま放っておくとどんどん歯茎は下がり、やがては歯が抜ける事態になります。

 

また、虫歯もエナメル質を溶かして象牙質をあらわにします。

どちらもきちんと治療することが大切ですね。

 

加齢

実は歯にも寿命がありますが、それはヒトの寿命より短いと言われています。

年齢とともに歯が弱くなり、それに伴って歯茎も弱り、下がってしまいます。

そうしてやはり象牙質があらわになり、知覚過敏の症状が出ることになるのです。

 

歯ぎしり

先にも少し触れましたが、知らずにしている歯ぎしりは実は歯に大きな負担をかけています。

 

その力は歯の表面を削り、象牙質をむき出しにしてしまいます。

 

また、歯ぎしりは歯自体をすり減らしています。

歯のすり減りを防ぐためにもマウスピースをつけることが重要になるのですね。

 

私も歯ぎしりで前歯の高さが揃っていません(^_^;)

 

そんな事にならないように必要に応じてマウスピースを作ってもらいましょう。

マウスピースは歯型を取ってあなたの口に合ったものを歯医者さんで作ってもらいます。

 

寝る時だけつけるので苦にはなりませんよ。

 

歯医者の治療

なんとびっくり、歯医者さんの治療で知覚過敏になることもあるのです。

 

それは歯石取りが大きな要因になっています。

 

歯石を取ると今まで塞がれていた歯がキレイに出てきますね。

その事がかえって知覚過敏を引き起こすことがあるのです。

 

歯石が象牙質をカバーしていた・・ということになるんでしょう。

 

しかし、歯石は虫歯や歯周病の原因になるもの

やはり定期的に歯医者で取ることをおすすめします。

 

ここまで来ると、どうしたら知覚過敏が防げるのか、分かりそうですね。

それでは最後に知覚過敏の予防法を見やすくお伝えしておきましょう。

 

セルフケアで予防!

知覚過敏はなったことがないと「予防しよう」となかなか思いません。

アイスでキーンは頭だけで十分です。

そこで予防法を並べてみますよ。

 

歯を磨く時は優しく

女性なら肌を洗う時は泡で優しくが基本なのをご存じでしょう。

 

これは歯も同じなのです。

 

今ではじっくり磨けるように泡を押さえてある歯磨きも多いようです

それでも洗浄効果はちゃんとあるので、歯ブラシはていねいでも、力は軽く使って下さい。

研磨剤配合のものは避けた方がいいかもしれませんね。

 

食後にキシリトール

歯の健康のためには歯や口の中を丈夫に保つことも大切です。

 

そのためにはバランスよく栄養を補給することです。

 

そして、食後にキシリトールを摂るようにしましょう。

 

最近ではキシリトール入りガムがよく出ています。

キシリトールは虫歯の予防の他、歯の再石灰化を促す効果があります。

592948

歯を食いしばらない

ここぞと言う時に人は歯を食いしばることがよくあります。

しかしこれは歯に大きな負担をかけることです。

歯ぎしりと同じでやめましょう。

 

ストレスの解消

ストレスは現代人の健康にいろいろな不具合をおこす原因となっています。

歯ぎしりの原因も多くはこのストレスといわれています。

 

そこでマウスピース対策だけでなく、歯ぎしりにはストレス対策も行いましょう。

 

強いストレスはマウスピースにさえ穴を開ける強い歯ぎしりを生みます。

これは顎にも悪い影響を与えるでしょう。

 

歯並びまで悪くなるやもしれません。

 

ストレスは溜めないように上手に発散して下さいね。

 

以上で知覚過敏の治療についての解説を終わります。

あなたの知覚過敏の原因は分かったでしょうか?

ではここでまとめをしておきましょう。

Sponsored Links

まとめ

今回は虫歯でもないのに歯がキーンとしみる知覚過敏の解説をしてきました。

歯医者でする知覚過敏の治療
歯に薬液を塗る
コーティング剤を塗る
詰め物をする
レーザー治療をする
マウスピースを作る
歯周病を治す
神経を抜く

知覚過敏の治療を自宅でするハミガキ
シュミテクト
デントサイン
オーラルケアホームジェル

知覚過敏の原因
強い歯磨き
歯周病
加齢
歯ぎしり
歯医者の治療

セルフケアでの予防法
歯を磨く時は優しく
食後にキシリトール
歯を食いしばらない
ストレスの解消

でした。

 

日本人の寿命は今や男性も女性も80を超えました。

80歳まで自分の歯を保つのは至難の技かもしれません。

でも、自分の歯でなるべく長く食べられるようにしたいです。

もう何回も歯医者行くのに電話1本の事で手遅れになってしまった私。

残りの歯をどれだけ守れるかが勝負です。

あなたも私のようにならないように、歯が痛かったら早め早めの対応をして下さいね!

よく読まれている記事
口角炎の改善ができない4つのワケとは?即効性の薬も紹介!
口臭で病気がわかる?その原因や種類は何科で調べるの?

 

Sponsored Links
本サイトの情報は、医療機関や厚生労働省など、可能な限り信頼できる情報を根拠にして調査・掲載しております。 ただし、効果にはどうしても個人差がありますので、皆様の判断と責任のもとで参考にしていただければ幸いです。 もし、体調が悪いときや身体に異変を感じている時には、当サイトの情報だけで自己判断せず、必ず医療機関を受診するようにしてください。
Pocket

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*